『呪術廻戦』芥見下々から衝撃的事実が続々!あと2年で終了?“存在しない記憶”の謎は…

掲載/更新 0
『呪術廻戦』芥見下々から衝撃的事実が続々!あと2年で終了?“存在しない記憶”の謎は…
『呪術廻戦』はあと2年で終わる……? 先日放送された『漫道コバヤシ』(フジテレビ系)では、『呪術廻戦』の作者・芥見下々先生が登場。先生の口から語られた衝撃の事実に対し、ネット上が騒然としているそうです。
先日放送された『漫道コバヤシ』(フジテレビ系)では、『呪術廻戦』の作者・芥見下々先生がゲスト出演。同作にまつわる重要情報が次々と明らかになりました。

“存在しない記憶”の謎は…

たとえば東堂葵脹相の脳内に、突如現れた“存在しない記憶”。ファンの間ではかねてより虎杖悠仁の能力と噂されてきましたが、じつは虎杖の能力とは全く関係がないそうです。

というのも2人に記憶が流れ込んだのには、それぞれ別々の理由が。
芥見先生曰く“東堂でやったくだりを脹相に被せただけ”だそうで、存在しない記憶については「本誌派の人は(そろそろ)謎が解けたと思う」とも語っていました。

今後、日常パートはない?

一方ファンを最も驚かせたのは、番組終盤で語られた“呪術廻戦はあと2年で終わる”発言。

番組MCのケンドーコバヤシさんが「(今、呪術廻戦は)何合目まで来てるんだろう。」と尋ねたところ、芥見先生から「今のところの感覚だと6、7なんじゃないかな」「連載期間で言うと2年かからないんじゃないか」という答えが返ってきたのです。
もちろんあくまで予定の話ですが、ネット上では「え、意外と早い!?」「どうやら私の余命はあと2年らしい」などの反響が続出。ちなみにもう終わり方は決まっているうえ、今後日常パートは出てこないとか。
先生、衝撃情報が多すぎます……!(笑)
12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません