実は超重要だった!『ONE PIECE』空島編3つのポイント。"太陽の神ニカ"やワノ国のヒントが?

掲載/更新 0
実は超重要だった!『ONE PIECE』空島編3つのポイント。"太陽の神ニカ"やワノ国のヒントが?
作者の尾田栄一郎先生より「あと5年で終了」宣言がされるなど、クライマックスへ向けますます盛り上がりを見せる『ONE PIECE』。物語の核心へ迫るエピソードが次々飛び出す今、もう一度読み返しておくべき重要なストーリー“空島編”をご紹介します!
IMAGE
週刊少年ジャンプで連載中のワノ国編も佳境を迎え、ますます盛り上がりを見せる『ONE PIECE』。作者の尾田栄一郎先生からも「後5年で終了」とのコメントが出るなど、クライマックスへ向け走り出している物語は毎週重要なワード、キャラクター、伏線と核心へ迫る情報のオンパレード。

そこで、今もう一度振り返って復習しておきたい大事なエピソードをご紹介! 本記事では“空島編”をピックアップしてご紹介します。“太陽の神”ニカやワノ国と繋がる点も……?

DVD『ONE PIECE エピソード オブ 空島』画像

DVD『ONE PIECE エピソード オブ 空島』より

【1】再登場のウワサも!エネルに注目

まずは、空島編における強敵、エネルについておさらいしましょう。

「我は神なり」の洒落が効いたセリフでお馴染みの彼は自称空島の神であり、ゴロゴロの実の能力者(雷人間)。人の心を読み行動や感情を把握してしまう“心網”(マントラ)も使うことで人々を恐怖で支配していました。

誰かが遠くで言った悪口も聞き逃すことなく、さらには災害レベルの雷のチカラで誰も太刀打ちできない……と人々を絶望的な状況に陥れたエネルの唯一の天敵となったのが、他でもないルフィでした。ゴムの特性を反映したゴムゴムの実の能力は、雷を通さなかったのです!

そんなエネルの目指すところは、なんと月。
彼の故郷・ビルカでは月は「限りない大地(フェアリーバース)」と呼ばれ、神のいる場所だとされていたそう。そのためエネルは優秀な部下を連れてそこへ行き、新たな国を建てようとしていたのです。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません