【考察】『ワンピース』は文明崩壊後の世界だった?“空白の100年”の謎、ついに解明か

掲載/更新 0
【考察】『ワンピース』は文明崩壊後の世界だった?“空白の100年”の謎、ついに解明か
週刊少年ジャンプ49号に掲載された『ONE PIECE』(ワンピース)第1065話“6人のベガパンク”では900年前に実在した王国の存在が明らかになりました。この先描かれるのは“ある巨大な王国”の文明復興となるのでしょうか。悪魔の実、月の民、“Dの一族”との関係など含めて考察します。
IMAGE
週刊少年ジャンプにて連載中の『ONE PIECE』(ワンピース)。
11月7日(月)発売の49号に掲載された第1065話“6人のベガパンク”では、これまで作中で語られなかった物語の核心に踏み込んでいくことを予感させる展開が描かれ、多くの読者が注目しているようです。

※本記事はジャンプ本誌連載における最新話(単行本未収録)の内容を含みます。

CD『ONE PIECE 20th Anniversary BEST ALBUM』

CD『ONE PIECE 20th Anniversary BEST ALBUM』

第1065話で衝撃発言!900年前といえば…

新章が開幕し、新たな舞台はベガパンクの研究所がある島「エッグヘッド」。

島には『ドラえもん』のひみつ道具さながらの未来を思わせる技術があふれており、1061話でのサブタイトルも「未来島エッグヘッド」と“未来”のワードが印象的でした。

ONE PIECEの世界でこれまでに描かれたことのない、ワクワクするような新技術の連続。誰もがこの島の様子を“未来”として捉えていました。

しかし今回、エッグヘッドは「過去」であるという衝撃発言が飛び出しました。
エッグヘッドのような発明技術と高い文明を持った王国が900年前に実在していたと明かされたのです。
900年前といえば、まさにONE PIECE最大の謎である「空白の100年」や「ある巨大な王国」ドンピシャの年代。
今回発覚した900年前に存在した文明の発展した王国というのは、「ある巨大な王国」のことでほぼ間違いないでしょう。世界政府の手によって歴史から葬られた空白の100年の解明へと、いよいよ舵が切られたようです。

物語の核心に踏み込む急展開に、読者からは「最終章感がエグい……」「いよいよ空白の100年が語られるのか!?」「未来かと思ったら過去!?面白すぎる」「マンガレベルが高すぎる」「鳥肌が立つ」と感嘆の声があがっています。

文明崩壊後の世界を描いていた?

今回のことで、「ある巨大な王国」は現在の世界よりもずっと発展した高水準の文明を誇る国であったことが浮かび上がってきました。

私たちが知らず知らずのうちに読んでいたONE PIECEは、高等技術を武器に繁栄した文明が一度滅んだ後の、いわゆるロストテクノロジー、ポストアポカリプスの世界を描いていたのかもしれません。

ただ古代国家が滅んだというのみならず、現代以上に発展した文明がそこで一緒に途絶えていたということになると、空白の100年もさらなる重みを増してきます。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません