伏線回収?『ONE PIECE』サンジが変わった!叫ぶ声が胸アツ。ロビンも頼もしい…【第1005話】

伏線回収?『ONE PIECE』サンジが変わった!叫ぶ声が胸アツ。ロビンも頼もしい…【第1005話】
週刊少年ジャンプ号に掲載された『ONE PIECE』第1005話“悪魔の子”では、サンジの意外な言動に注目が集まりました。読者からは感動の声が続々! その一部をご紹介します。
週刊少年ジャンプ13号に掲載された『ONE PIECE第1005話“悪魔の子”​では、サンジのピンチにロビンが駆け付けました。

サンジが取った行動と、ロビンの対応に多くの読者が反応。たくさんの感想が寄せられ、Twitterでは毎週の『ONE PIECE』連載の感想を呟くハッシュタグ「今週のワンピ」がトレンド入りを果たしました。サンジとロビンのやりとりに、みんなが感じたこととは?

サンジの叫びに感動!「助けてって言えるようになったんだね」

「レディを傷つけない」という騎士道精神を持つサンジ。ブラックマリアを相手に、女性を攻撃できないサンジは絶対絶命のピンチ。さらにロビンを呼べば敵の思う壺……という状況の中、それでもサンジは助けを求めてロビンを呼ぶのです。

これまでのサンジを思い返すと、バラティエ編では恩返しのために死を選ぼうとしたり、ホールケーキアイランド編では仲間や故郷ともいえるバラティエを守るため、自分の本心を押し殺して政略結婚を受けようとしたり……自己犠牲が目立つキャラクターだった彼が、仲間に助けを求めたことが多くの読者の胸を打ちました。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは