渡邊圭祐ドラマ『推しの王子様』感想 第2話に胸打たれた…!「推しは今日も変わらず尊い」「1mm単位にこだわって作ってんだよ」

掲載/更新 0
渡邊圭祐ドラマ『推しの王子様』感想 第2話に胸打たれた…!「推しは今日も変わらず尊い」「1mm単位にこだわって作ってんだよ」
フジテレビ系にて放送中のドラマ『推しの王子様』。胸を打つ名言の数々に話題沸騰中の本作ですが、第2話でも胸に響く金言が飛び出しました。オタク共感必至のセリフとは……?あらすじとともにご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
フジテレビ系にて放送がスタートした新ドラマ『推しの王子様』、通称『推しプリ。7月22日(木)に放送された第2話では日高 泉美(比嘉 愛未)の会社・ペガサスインクで働くことになったケント様そっくりの五十嵐 航(渡邊 圭祐)が、社会人としてのルールやマナーを身につけるべく泉美の指導のもと奮闘するのですが……。

一筋縄ではいかない超問題児の航に苦戦する泉美でしたが、そんな中で今回も胸を打つセリフがいくつも飛び出しました。本記事では、『推しプリ』第2話に登場した共感すること間違いなしの名言をご紹介します!

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

「推しは今日も変わらず尊い…!」

ダメダメな航を本物のケント様のように育てると意気込む泉美。
しかし出社初日にして社員たちからクレームが入るほど、仕事のできなさがもはや異次元の航に頭を抱えてしまいます。

……と、そこで泉美のスマホには「ラブ・マイ・ペガサス」から新イベント開始の通知が! すかさずアプリを開き、ケント様が映る画面をじっと見つめ「推しは今日も変わらず尊い……!」と一言。

毎日仕事や学業に家事など、多くのタスクをこなしながら生きていれば、気が滅入る問題も時には出てきますよね。そんな現実での嫌なことを一瞬にして忘れさせ、表情を緩ませてくれる推しのパワーは絶大!
40 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません