ついに両想い!ドラマ『チェリまほ』第7話、安達の“告白返し”に世界中が祝福ラッシュ「嗚咽がとまらない」「赤飯の準備だ」

掲載/更新 0
ついに両想い!ドラマ『チェリまほ』第7話、安達の“告白返し”に世界中が祝福ラッシュ「嗚咽がとまらない」「赤飯の準備だ」
話題沸話題沸騰のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)第7話を振り返り! ついに二人が両想いに…安達の逆告白や黒沢の過去に注目が集まった今回、ポイントやみんなの感想は?
10月8日からスタートしたテレビ東京系の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)。

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)“触れた人の心が読める魔法”を手に入れます。
イケメンで仕事もデキる人気者の同期・黒沢優一(町田啓太)が自分に恋心を抱いていることを知った安達が戸惑うところから物語は始まりましたが、純度100%な二人の距離感はSNS上の話題をさらい、ついに “チェリまほ”が世界トレンドにまでランクイン!

注目の第7話は両思いとなった二人の恋に視聴者からは祝福の嵐! また初めて黒沢の過去や安達に惹かれていった理由なども明かされ、ドラマチックな回となりました。みんなの感想をあらすじとともに振り返ります。

純粋過ぎる足踏みが切ない

安達への思いに歯止めが利かなくなった黒沢(町田啓太)は、ついに告白! 溢れた思いを告げるも「気持ちを伝えたかっただけ」と去っていく黒沢に、気持ちの整理がつかない安達は、何も答えることも引き止めることも出来ませんでした。
安達に負担をかけまいと気遣う誠実さゆえに立ち去る黒沢、いっぽう黒沢の本気が分かるからこそ引き止められなかった安達。二人の純粋過ぎる“足踏み”に「開始1分で号泣」「切ない」「黒沢の代わりに私が泣いてる」「黒沢の背中から辛さがにじみ出てる」などSNS上は切なさに胸を痛める声が続々。

黒沢の出張も重なり、二人は顔を合わせることもなくすれ違った時間を重ねるうちに、互いの心と向き合います。
木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第7話|テレビ東京

完璧イケメン黒沢が恋に落ちた瞬間

黒沢は、告白前の関係に戻ろうと「好き」の気持ちを終わらせようとするも、7年前安達に恋に落ちた瞬間を思い出します。恵まれた容姿が逆にコンプレックスだった黒沢は新入社員だった頃“周りが求める自分”を受け入れようと葛藤し、仕事も人間関係も完璧にこなそうと努力していました。

ある時、接待の場で酔って失敗した黒沢。夜の公園で思わず自虐的な弱音を同期の安達の前で吐露しますが、“単なる冴えない同期”と思っていた安達が、実は黒沢の内なる努力を理解し、ただ真っ直ぐに酔った体調を心配して介抱する優しさを持っていることを知ります。

黒沢はこれまで張りつめてきた心が安達に救われた思いを抱き、恋に落ちていたのでした。
この場面には「癒やしの波動がすごい」「安達がいい子過ぎて泣ける」「大天使アダエル」「かわいいが渋滞」「これは恋に落ちますわ」等々、安達の癒やし効果を絶賛する多くの声が集まりました。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません