なぜか『刀剣乱舞』がトレンド入り!?『麒麟がくる』最終話のナゾと共通点

なぜか『刀剣乱舞』がトレンド入り!?『麒麟がくる』最終話のナゾと共通点
先日、ついに最終話を迎えた大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)。明智光秀の“生存説”を匂わせるラストが大反響を起こしましたが、なぜか同時に映画『刀剣乱舞』がTwitterのトレンド入りを果たしたようで……。
IMAGE
戦国武将・明智光秀を主人公にした大河ドラマ麒麟がくる』(NHK)。2月7日に最終話が放送されたところ、Twitterで映画『刀剣乱舞』がトレンド入りを果たしました。

一体なぜそのような状況が起きたのでしょう。

実は『麒麟がくる』と共通点が多かった

最終話では光秀が織田信長に謀反を起こした「本能寺の変」を描写。のちに光秀が羽柴秀吉に敗れたと説明があり、主人公がまさかの“ナレ死”(=亡くなるシーンは描かれずナレーションで説明されること)で済まされてしまいます。

かと思えば終盤で「光秀が実は生きている」という噂が流れ、ラストカットも光秀らしき人物が馬に乗って駆けていく姿で幕を閉じました。
14 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは