14人の王子の”姫”になれる♪体感型舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』ゲネプロレポート

“海賊の荒々しさ”と“王子の気高さ”を併せ持つ難しい役どころを、小沼さんと古谷さんが見事に演じています。王道の“王子様”とはまた違う、ワイルドな魅力に惹きこまれること間違いなし!

葛藤──そして、芽生え始めた絆

一悶着ありながらも、姫のおかげで無事パーティーは決行されることに。普段は別の国にいる王子達が交流する姿を見られるのも、嬉しいポイントです。キエルはすぐにワンダーメアの面々と打ち解け、楽しいお茶会。

しかし、この海賊船とロッソには悲しい過去があることが判明。さらにユメクイが出現し、そのことでキエルはロッソに疑いをかけられてしまいます。

榊原さん演じるアヴィが“騎士”として姫を守る使命と、ここまで一緒に来た“仲間”としてキエルを思う気持ちで葛藤するシーンにも注目です。

そんな悩めるアヴィと孤立したキエルに、王子達が歩み寄り言葉をかけて……国を越えて王子同士の“絆”が芽生え始めます。
34 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは