賛否両論、上等!?Snow Man実写映画『おそ松さん』て結局どうなの?松クラが忖度なしで語ります

掲載/更新 0
賛否両論、上等!?Snow Man実写映画『おそ松さん』て結局どうなの?松クラが忖度なしで語ります
3月25日より劇場公開されているSnow Man主演の実写映画『おそ松さん』。発表当時からネット上を騒がせた本作を、原作ファンのライターが忖度なしでレポートします!
IMAGE
赤塚不二夫氏の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作にした、TVアニメ『おそ松さん』。
20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、だけどどこか憎めない大人に成長した松野家6つ子を主人公に2015年10月からアニメ化され、何でもありの予測不可能な物語が爆発的大人気となり一大ブームとなりました。

2016年には流行語大賞にノミネートされ社会現象を巻き起こし、その後も舞台化、アニメ2期&3期、2019年にはアニメ映画「えいがのおそ松さん」が公開されるなど、ファンたちを魅了し続けてきた『おそ松さん』。
その『おそ松さん』がまさかのSnow Man主演で実写映画化することが発表されてから半年あまりが過ぎ、ついに3月25日(金)から映画『おそ松さん』が全国公開されました。

今回はアニメや舞台など『おそ松さん』メディアミックスを追いかけてきた松クラでもあるライターが鑑賞。忖度なしの率直な感想をお届けします!

安心してください、「おそ松の狂気」は健在です

もちろん実写映画化でも、松野家の6つ子、おそ松(向井康二さん)、カラ松(岩本照さん)、チョロ松(目黒蓮さん)、一松(深澤辰哉さん)、十四松(佐久間大介さん)、トド松(ラウールさん)は20歳を過ぎても定職につかず、安定の“親のスネをかじるクズで童貞のクソニート”。足を引っ張り合いながらも仲良くひとつ屋根の下で暮らしています。

発表以降SNS上では波乱のコメントでザワついている本作。正直、筆者も不安を抱えながら映画館に足を運んだのですが……結果、どハマりしてしまいました。
アニメ原作が実写化される場合、どうしてもキャラクターと実写キャストの乖離が気になりますが、本作は逆にそれを逆手にとる巧みさ。
劇中では自らが『こんなに見た目は違っても実写化だから全員顔は同じ設定』『おそ松さんらしくいこう』など自虐上等、メタ発言しまくるところが、すでに“本家のおそ松み”のシュールさでじわじわきます。
また、堂々とピー音連呼、のびのびとモザイクあり、とアウトとセーフのせめぎ合い。Snow Manなのに、トップアイドルなのに、いっさいNGなしなのか!?ぐらいキャスト全員に迷いがなさ過ぎて、もはや清々しささえ感じるほど。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません