ドラマ『チェリまほ』第5話、黒沢のお姫様抱っこに悶絶…!「スパダリにも程がある」「安達は可愛さ1億点」

ドラマ『チェリまほ』第5話、黒沢のお姫様抱っこに悶絶…!「スパダリにも程がある」「安達は可愛さ1億点」
話題沸騰のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)第5話を振り返り! 安達をお姫様抱っこや柘植に注目が集まった今回、ポイントやみんなの感想は?
10月8日からスタートしたテレビ東京系の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)。

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)“触れた人の心が読める魔法”を手に入れます。
イケメンで仕事もデキる人気者の同期・黒沢優一(町田啓太)が自分に恋心を抱いていることを知った安達が戸惑うところから物語は始まりましたが、恋のゆくえを見守るファンが回を重ねるごとに激増。今回もトレンド入りを果たすなど“チェリまほ”ブームの勢いが止まりません!

第5話は、黒沢のために頑張る安達の健気さや、安達をお姫様抱っこする黒沢に視聴者悶絶!また安達の親友・柘植将人(浅香航大)にも動きがあった回でした。

安達の可愛さにファンは悶絶!

取引先の人と何やら険悪なムードになっていた黒沢(町田啓太)を助けたい一心で、勇気を振り絞って魔法を使おうとする安達(赤楚衛二)。何とか相手に触れようと四苦八苦する姿に原作者の豊田悠先生「安達がんばれ~!!(応援上映)」とツイート! 

視聴者からも「健気でハラハラする」「必死な安達可愛すぎ一億点」「もう居酒屋の気遣い」「黒沢心配そう…」などSNS上はまさに応援上映状態に!
22 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは