誕生日サプライズも! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)"|囲み取材レポート

誕生日サプライズも! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)"|囲み取材レポート
2018年10月20日(土)、TOKYO DOME CITY HALLにて、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)"が開幕しました。烏野高校キャスト最後の出演となる今作は、シリーズ最大規模の44公演! 須賀健太さん、影山達也さんら6名がそれぞれの思いを語ってくれたゲネプロ囲み取材の様子をお届けします。途中で思わぬサプライズも……!?
IMAGE

「三年間、学生生活をやったような感覚」/須賀さん

――公演に対する意気込みをお願いします!

日向翔陽役:須賀健太さん  
今回で卒業となりますが、いつもと変わらず大切に演じきりたいという思いに尽きます。また、 演劇『ハイキュー!!』には色々な要素があって、それがひとつになってのハイパープロジェクション演劇だと思うので、今回はその集大成をお見せできるのではないかと思います。全員で最後まで走り抜けたいと思います!

影山飛雄役:影山達也さん
今回は、全員での息合わせなど、簡単そうに見えて難しいことがたくさん増えていて、難しさと同時に演劇の楽しさをすごく感じています。体力には限界がもちろんあるとは思うのですが、それを超えた新境地にみんなで行きたいと思います。

月島蛍役:小坂涼太郎さん
僕が言おうと思っていたことが(須賀)健太くんと全く一緒で……いや、本当なんです(笑)。今回は音楽の生演奏がすごくて、あと、人数が結構いるんです。今までとまた違った『ハイキュー!!』になると思うので楽しんでください。よろしくお願いします。

山口忠役:三浦海里さん
今回も新しいことに色々挑戦していて、それと今まで僕たちが積み重ねてきたものが融合し、化学反応を起こしているので、すごくいい舞台が出来あがったと思います。色々な意味で緊張はあるんですけれど、それも含めて楽しんでもらえるよう精いっぱい頑張りたいと思います。

及川徹役:遊馬晃祐さん
僕たち青葉城西高校は約一年半ぶりの登場なのですが、今回は〝最強の場所(チーム)"ということで、最強のチームを作れるよう稽古してきました。新しいメンバーが増えたのでそこも楽しんでもらいたいです。44公演、より上を目指して頑張っていきたいと思います。

牛島若利役:有田賢史さん
前作は白鳥沢学園からは牛島だけの出演だったのですが、今作は満を持して個性豊かな(白鳥沢学園の)キャラクターたちが揃っています。〝最強の場所(チーム)"と言っているように、本当の絶対王者のチームにできるよう、圧倒的熱量を持って演じていきたいと思います。
――烏野高校キャストの卒業について、改めてどのような思いですか?

須賀さん:
三年間やらせて頂いて、ちょうど高校生活ひとつ分。学生生活をもう一度やったような感覚です。「僕たちが最強のチームだ」と思える三年間でした。みんなでやってきたことが基盤となって今回の新しい『ハイキュー!!』が出来た、そういうところも誇れるポイントだと思っています。

――三年間というのは長いですよね。

須賀さん:
長いですね。(きょろきょろする須賀さん) サプライズとかなさそうだから言うんですけど……今日、僕誕生日なんですよ。芸能生活20周年ということで役者生活の第二章だと思っているのですが、三年間汗をかいて全力で作ってきたものをその一発目にできて、とても幸せだと思っています。

――最後に締めの言葉をお願いします。

須賀さん:
どのチームも全力で“勝ち”にこだわっていて、役者というものを超えて、ひとりの人間としてのすごい熱量を持っています。実際に観て感じて頂くのが早いと思うので、ぜひ劇場に遊びに来ていただけたらと思います。
13 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは