萩原利久×八木勇征『美しい彼』が名作の予感。"美しい劇薬"に萌えないはずがない

掲載/更新 0
萩原利久×八木勇征『美しい彼』が名作の予感。"美しい劇薬"に萌えないはずがない
男性同士の恋愛をテーマとした『美しい彼』。実写化不可能と言われていた同作がドラマ化され、想像以上の再現具合が話題となっているようです。「名作の予感がする」とも言われている『美しい彼』の見どころとは?
IMAGE
2020 年本屋大賞を受賞した凪良ゆう先生の名作『美しい彼』。数ある BL小説の中でも人気が高く、4シリーズを刊行する同作の実写ドラマが 11月18日からMBS系などで放映されています。
第1話から放送中に「#美しい彼」がトレンド入りし、公式ビジュアルブックの発売も決定するなど、話題の同作。

今回は『美しい彼』の注目ポイントを紹介。 名作の予感…と ドラマファンたちも注目する同作の魅力とは?

二次元顔負けのキャストがすごい

主人公の高校生・平良一成は吃音持ちで周囲に馴染めず、陰気な性格。そんな平良は高校で出会った校内カーストの頂点にいる清居奏に一目惚れ。まるで崇拝に近い恋に落ちる。
清居はそんな平良をパシリとして扱いながらも、向けられる熱い視線から目をそらすことができず……。高校生から大学生までの2人の関係を繊細に描き、青春の爽やかさ・儚さ・切なさを感じるキュンとするストーリー。

清居奏は絶世の美青年。挿絵を担当する葛西リカコ先生の美麗なイラストも相まって、 「実写化は不可能」とファンは思っていたはず。
しかし、その予想を裏切ったのが W 主演を務める清居役・八木勇征さん(FANTASTICS from EXILE TRIBE)。端正な顔立ちとダンス&ボーカルグループの所属メンバーらしく均整の取れたスタイルという、二次元レベルの圧倒的美でファンを納得させました。
今回がドラマ初主演とは思えない、清居が乗り移った演技と、どの瞬間を切り取っても圧倒的な美貌はお見事。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません