ドラマ『チェリまほ』感動の最終回!クライマックスに鳥肌と涙が止まらない。“朝チュン”も美しい…

掲載/更新 0
ドラマ『チェリまほ』感動の最終回!クライマックスに鳥肌と涙が止まらない。“朝チュン”も美しい…
話題沸騰のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)最終回・第12話を振り返り!深まっていく恋の行方に注目が集まった今回、ポイントやみんなの感想は?
10月8日からスタートしたテレビ東京系の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)。

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)“触れた人の心が読める魔法”を手に入れます。
イケメンで仕事もデキる人気者の同期・黒沢優一(町田啓太)が自分に恋心を抱いていることを知った安達が戸惑うところから物語は始まりましたが、物語は始まりましたが、純度100%な二人の恋の行方がワールドワイドな人気となり、今や世界各国にファンがいる状態!

最終回の第12話は、離れてしまった安達と黒沢の恋がどうなるのか、そして二人が選んだ未来に注目が集まりました。

安達の勇気に涙が止まらない……!

魔法の力を黒沢(町田啓太)に告げた、あの一夜を境に距離が離れてしまった安達(赤楚衛二)と黒沢。二人の変化を見た藤崎(佐藤玲)は、沈む安達に声をかけ、黒沢が“初デートディナー”の相談を藤崎にしていたことや、“自分が自分を好きでいること”への考えを安達の心に寄り添い穏やかに話します。

この場面に視聴者からは「藤崎さんの言葉は胸に響く」「優しい保健医みたい涙」「聖母藤崎」「分かりみしかない」等々多くの共感や感激の声が寄せられました。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません