山田ジェームス武、櫻井圭登が“取り戻したいもの”とは?|舞台「RE:CLAIM」インタビュー

山田ジェームス武、櫻井圭登が“取り戻したいもの”とは?|舞台「RE:CLAIM」インタビュー
2018年10月に公演された吉谷光太郎さん原案・脚本・演出によるオリジナル舞台「RE:VOLVER」。その前日譚として、山田ジェームス武さん演じる玄汰(クロダ)、櫻井圭登さん演じる壬浦(ミウラ)にスポットを当てる舞台「RE:CLAIM」が公演されます。1年半ぶりに同役を演じるお2人のインタビューをお届けします!
関連記事
植田圭輔、安西慎太郎らが“悪”の顔を見せる――舞台『RE:VOLVER』初日キャストコメント掲載!
舞台『RE:VOLVER』ゲネプロレポート――荒っぽい植田圭輔、笑いを封印した磯貝龍虎、感情を殺した安西慎太郎の魅力に迫る


「王室教師ハイネ -THE MUSICAL-」など数々の2.5次元舞台作品を生み出す脚本・演出家の吉谷光太郎さん。その吉谷さんによるオリジナル舞台として上演された舞台「RE:VOLVER」植田圭輔さんを主演に迎え、作り込まれた世界観に多くの人が引き込まれました。


そんな舞台「RE:VOLVER」の前日譚となる舞台「RE:CLAIM」。前作では植田さん演じる聖木(スズキ)とともに“都市海賊(仮)”として活躍した、玄汰(クロダ)壬浦(ミウラ)の過去の物語となります。「RE:VOLVER」ではすでに親友、相棒ともいえる関係性が成り立っていた2人でしたが、少年時代の“都市脱出計画”失敗からどんな生き方をしていたのか、そして聖木たちと再会するまでにはなにを経験したのか……。 1年半ぶりに、それも少年期の彼らを演じることとなる山田ジェームス武さん櫻井圭登さんに今のお気持ちや、前作を振り返ってのお話をお伺いしました。

思ったより早く来た玄汰と壬浦のターン

――舞台「RE:CLAIM」のオファーがあった時の率直なお気持ちはいかがでしたか?

山田ジェームス武(以下、山田):前作「RE:VOLVER」の時点で、吉谷さんは「他のキャラクターの作品もやりたい」とは仰っていて、いつかやれたらいいな、楽しみだなと思っていたら、第2弾としてこんなに早くその機会をいただけてビックリしました。

櫻井圭登(以下、櫻井):もっと他のキャラクターから掘り下げていくのかと思ったら僕らだった! っていう(笑)。

山田:そう、急に来たね(笑)。嬉しいですが!
25 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは