舞台『RE:VOLVER』ゲネプロレポート――荒っぽい植田圭輔、笑いを封印した磯貝龍虎、感情を殺した安西慎太郎の魅力に迫る

舞台『RE:VOLVER』ゲネプロレポート――荒っぽい植田圭輔、笑いを封印した磯貝龍虎、感情を殺した安西慎太郎の魅力に迫る
植田圭輔さん、橋本祥平さんら2.5次元舞台で人気の俳優陣が集った舞台『RE:VOLVER』。演出家・吉谷光太郎さんの5年ぶりのオリジナル作品としても話題です。2018年10月18日(木)~22日(月)までの東京公演を終え、いよいよ10月27日(土)より大阪公演が始まります。こちらの記事では本作の見どころを、物語の中心を担う3人の登場人物にスポットを当てながらご紹介します。

<<あらすじ(舞台公式サイトより)>>
巨大な「城塞」に囲まれた都市『霞宮(カミヤ)』。そこはかつて外国船でやってきた海賊の英雄に与えられた都市国家。

しかし帝国への独立戦争の敗北によって、その後市民たちは戦犯扱いとなり、城塞都市はさながら高い壁の監獄と化した。貧民街に暮らす少年、聖木(スズキ)(植田圭輔さん)は、日々盗みをしながら生きてきた。ある時、通りがかった男から盗んだバッグの中に、城塞の設計図を見つける。聖木は兄と慕う阿羅来(アラキ)(安西慎太郎さん)、親友の伊透(イトウ)(橋本祥平さん)らと共に『都市海賊』を名乗り、都市からの脱出を試みる。

しかし、少年たちの夢はもろくも崩れ去り、その後バラバラに生きていくことになる。時は過ぎ、聖木は盗賊として生きていた。ある時、聖木は刑事となったかつての仲間、伊透と対峙する。帝国軍と革命軍の戦いが始まろうとする中、城塞に囲まれたその都市で、彼らは再び集まり少年時代の夢に向かい始める。

城塞都市としての閉塞感がノワールな世界観を色濃くする本作。
演出・脚本の吉谷光太郎さん5年振りのオリジナル作品として注目を集めていますが、その理由のひとつが、予め演じる俳優を決めて脚本を書く"あて書き"によってキャスティングされたキャストたちです。

植田圭輔さん、安西慎太郎さんをはじめ、これまで見たことがなかった一面を見られたキャストも多く、「この役者さん、こんな一面があったんだ!」「そうそう、この人のこういうお芝居が観てみたかった!」という発見や感動がある舞台になっています。

このゲネプロレポートでは、物語の中心を担う3人の登場キャラクターにスポットを当てて、この舞台の魅力をご紹介します。
まずは、主演・聖木役の植田圭輔さんから!

"あて書き"によって発揮された役者・植田圭輔の魅力

植田圭輔さん(聖木役)

34 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは