【速報】舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』初日会見!

【速報】舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』初日会見!
2019年2月15日(金)に日本青年館ホールでいよいよ幕を開けた舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』。ガンダムマイスターを演じる刹那・F・セイエイ役の橋本祥平さん、ロックオン・ストラトス役の伊万里有さんらの初日会見の様子をレポートします!
IMAGE

「"ガンダム"に武力介入できるのは、"演劇(えんげき)"の4文字」(赤澤燈)

――役どころと、意気込みをお願いします。

刹那・F・セイエイ役:橋本祥平さん
刹那は幼いころに窪寺さん演じるサーシェスに洗脳され、少年兵となり、両親まで殺してしまうという生い立ちの少年です。
そんな頃、ガンダムに助けられ、以降"ガンダム"は彼にとっての"神"になりました。
1本の太い軸はありつつ、人とのふれあいには慣れていない刹那ですが、仲間との交流や死を通して成長し、ソレスタルビーイングの中心人物になっていきます。

『ガンダム』が舞台化するなんて、誰が想像したでしょうか(笑)。僕もまさかと思いました。
しかし舞台というコンテンツの表現の幅が広がったことが嬉しくもあり、演劇の可能性を強く感じました。
他の誰よりも『ガンダム00』について最も議論したといえる稽古期間でした。
プレッシャーを受けつつ、僕らもお客様にプレッシャーを与え続けます。ぜひ覚悟して観ていただけたらと思います。


ロックオン・ストラトス役:伊万里 有さん
ロックオンはいつも明るく、ガンダムマイスターの中では兄的な存在です。そんな彼ですが、家族をテロリストに殺されたという過去を抱えています。
僕自身も稽古場では明るく振舞っていましたが、家に帰ってから「テロリストって何だ、家族を殺されるって何だ」ととすごく役作りに悩みました。
夢の中にもガンダムが出てきたり、稽古風景が出てきたり24時間ガンダム体制でした。

役付きのキャストだけでなく、アンサンブルキャストの役割がすごく重要で、とても支えられています。
そんなところも観ていただけたら嬉しいです。


アレルヤ・ハプティズム役:鮎川太陽さん
アレルヤは、ハレルヤという別人格があり、二面性を持ったキャラクターです。
アニメと同様、彼のいいところが沢山出るような演出をつけてもらいました。面白くなっているのではないかと思いますので楽しみにしてほしいです!
ガンダム自体が今年40周年、『ガンダム00』は10周年ということでの舞台化です。
おそらくお客様方もどうなんだろう、という期待と不安があると思います。
新しいものにチャレンジしている感がすごくあり、昨日の夜中ギリギリまで試行錯誤していました。
未知なる領域で、0から作る作業というのは非常に難しいですが、お客様の期待にこたえられるように、落ち着いて、自分たちのつくってきたものを披露したいです。


ティエリア・アーデ役:永田聖一朗さん
ティエリアはクールでプライドが高く、完璧主義で、自身とはかけ離れたキャラクターです。
その一方で、何かに依存していないと怖かったり、精神的にまだ未熟で、子供だなと思う部分もあり、共感できる部分もあります。
舞台上でティエリアの成長を等身大で演じられるように努めていきますので、注目していただけたら嬉しいです。

リボンズ・アルマーク役:赤澤 燈さん

原作のリボンズと舞台版のリボンズは、行動理念や信念は同じなのですが、少し違うような気がしています。
舞台版として、新しいリボンズ・アルマークが見せられるのではないかと思います。
昨日の夜に主演の(橋本)祥平からグループラインに「ガンダムという作品に、演劇の力で武力介入しよう」とラインが来ました。
グループラインではすべっていたんですけど(笑)、でも本当にその通りだと思います。
『ガンダム』という強い4文字に、『演劇(えんげき)』という4文字で、立ち向かっていきたいと思います。


グラハム・エーカー役:前山剛久さん
グラハムはしゃべるたびに名言のオンパレードで、すごく楽しくやらせていただいています。
愛について語る彼にシンパシーを感じています。僕自身も愛がモットーなので……(笑)。
観に来て下さる方の愛、役者たちの愛もあり、そもそも舞台化していること自体も、作品が愛されているからこそです。
僕自身、『ガンダム00』という作品自体が大好きで、見ていたころを思い出しました。
この作品は"相互理解"がテーマだと感じているので、人間の関係性を大事に、愛に感謝して、愛を掲げて頑張りたいと思います。


アリー・アル・サーシェス役:窪寺 昭
サーシェスはガンダム史上でも類を見ない残忍な男だと思います。
人間の原始的な部分を持っている、ある種まっすぐに生きている男ではあります。
なかなかない役どころなので、役者として芝居をする分には楽しんでやっています。
私は小学生のころからガンダムが好きで、プラモデルを作っていました。
ガンダムが好きというと、「ロボットが好きだから、カッコいいからガンダムが好きなんでしょ」と思われがちですが、国同士の関係性、人間ドラマがあるからガンダムは面白いと思っていますし、今回の舞台ではそこがフィーチャーされます。
何よりも『ガンダム』の舞台に出たかったので、とても嬉しいです。
支えてくれるアンサンブルキャストの皆にも感謝しながら、カンパニー一丸となって頑張ります。
16 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは