『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が戦隊モノの常識を覆しているので語りたい。多様性の現代に相応しい意欲作だ

掲載/更新 0
『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が戦隊モノの常識を覆しているので語りたい。多様性の現代に相応しい意欲作だ
この春より放送がスタートしたスーパー戦隊新シリーズ『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』。前作『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界観を踏襲しつつも、これまでの戦隊シリーズにはなかった新しい風を吹き込む本作の見どころとは?
IMAGE

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』テレビ朝日公式サイトより

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』テレビ朝日公式サイトより

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃が「どんぶらこ、どんぶらこ。」と流れてきました…。誰もが知っているであろう童話『桃太郎』の一節です。

しかしながら、「桃太郎」の物語には様々なバリエーションがあるとされており、地域によっては全く異なる形で伝承されているものもあると言います。そんな『桃太郎』のお話が、なんと! 「スーパー戦隊シリーズ」の一部となって、語り継がれようとしています。

それが『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』です! 日本における元祖グループヒーローとも言える『桃太郎』がモチーフになるのは意外にも初めてとなる本作の魅力をご紹介します。これまでの「スーパー戦隊シリーズ」の常識を覆す革命的な点とは?

イエローから始まる物語、初の男性ピンク…革新的な意欲作

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、今から21年前、ある男性が大きな桃型のカプセルに乗った子供を見つけたことから幕を開けます。その後、時間は進み、現代。才能あふれる漫画家として将来を期待された鬼頭はるか(志田こはく)でしたが、実は彼女の漫画が盗作であることが判明。

高校生にして人生の転落を経験したはるかは、謎のサングラスをかけることによって、異次元空間を目視できるようになり、オニシスターとしての力に開眼。
「桃井タロウ」という男に忠誠を誓えば、失ったものを取り戻せると謎の男性に言われ、「桃井タロウ」なる人物を探し出そうとしていきます。
……と、ここまでが1話の冒頭ストーリー。
『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、これまでの「スーパー戦隊シリーズ」の常識や概念を真っ向から打ち崩しにかかっている印象を大いに受けます。それは戦士として覚醒する登場人物たちの描写にも表れています。

元来、「スーパー戦隊」作品の中心として存在し、最初に覚醒する瞬間が描かれるのは、赤いヒーローすなわちレッドだったことが多かったのですが、本作は主に“イエロー”のスーツを身にまとうオニシスター・鬼頭はるかの視点から物語がスタートするのです。

もちろん戦隊の中心人物はレッドであるドンモモタロウなのですが、女性ヒーローの視点から物語を始めるという部分には、多様性が求められる現代らしさを大いに感じた次第です。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません