赤澤燈、山本一慶、荒牧慶彦ら出演! 舞台『戦刻ナイトブラッド』囲み取材インタビュー

赤澤燈、山本一慶、荒牧慶彦ら出演! 舞台『戦刻ナイトブラッド』囲み取材インタビュー

2018年8月16日(木)天王洲 銀河劇場にて舞台『戦刻ナイトブラッド』が開幕しました。オトメイト×KADOKAWA×マーベラスの一大プロジェクトとして、ゲーム、アニメと展開してきた『戦ブラ』の舞台化。こちらの記事では、赤澤燈さん、久保田秀敏さん、前山剛久さん、そして原作でも声優として作品に関わっていらっしゃる山本一慶さん、荒牧慶彦さんの囲みインタビューの様子をお届けします。

Q:舞台『戦刻ナイトブラッド』に出演が決まった時の感想は?

赤澤燈さん(豊臣秀吉役)  
『戦刻ナイトブラッド』は、プライベートで仲がいい荒牧(慶彦)さんと山本(一慶)さんが声優として参加している作品として知っていたので、出演出来ること、2人との久しぶりの共演ということで、素直に嬉しかったです。  

久保田秀敏さん(織田信長役)  
今回、別の作品でも一緒にお仕事させていただいた役者が多く、久しぶりの共演者もいるのでとても楽しみです。多くの武将がいる中で、織田信長という威厳のあるキャラクターを演じさせていただけて嬉しく思っています。  

前山剛久さん(上杉謙信役)
僕も荒牧さんと山本さんが声優として出ているアニメも見ていたので、決まった時は不思議な気持ちでした。しかも、年下の僕が、まっきー(荒牧さん)の父親役で……相当驚きましたね(笑)。こういう機会は今後もなかなか無いんじゃないかなと思っています。

山本一慶さん(前田利家役)
原作アプリにもアニメにも前田利家役の声優として出演させていただいて、そこでも色々な壁はあったのですが、先輩方に沢山のことを教えていただきながら乗り越えてきました。今回は声優としての経験を踏まえて、舞台の上でどんな自分らしさが出せるかが、僕の挑戦だったので楽しみにしています。  

荒牧慶彦さん(上杉景勝役)
初めての声の仕事がこの『戦刻ナイトブラッド』という作品でした。右も左も分からないところから始まり、いつも周りの声優さんに色々なことを教えていただきながら、作品を作ってきました。そして、今回この作品が舞台化ということで、親しい仲間でもありライバルでもある信頼のおけるメンバーが集まり、間違いなくいい舞台になるなと思いました。沢山の方々に喜んでいただけたら嬉しいです。

Q:アプリから声優として参加している山本さん、荒牧さんが今回の舞台化にあたり意識していることとは?

山本一慶さん
前田利家は好戦的でハキハキしている一方、少し抜けているところもあるキャラクターで、僕自身も彼に魅力を感じています。今回は舞台化、僕自身が舞台で前田利家になるということで、自分らしさ、自分の色をどう出そうか、山本一慶のスパイスをどう足していこうか、ということを考えながらやってきました。

荒牧慶彦さん
声優の方の上杉景勝は、音響監督さんから“抑揚のない芝居”を求められました。ただ舞台でそれをやってしまうと感情がない、影が薄い子になってしまうので、舞台ならではの上杉景勝として、自分なりの喜怒哀楽を表現して、よりキャラクターを魅力的に見せられるように意識しています。

戦刻ナイトブラッド 舞台2

戦刻ナイトブラッド 舞台

Q:舞台から出演される赤澤さん、久保田さん、前山さんが意識していることとは?

赤澤燈さん
原作の世界観やキャラクターを再現するのは、声優としても作品に携わっている荒牧さんと山本さんに任せようかなと思っています。僕は舞台から参加ということで、動いている人間が演じることによる、ゲームやアニメでは見られない良さや魅力を新たに引き出すことを、追求してきたと思います。

久保田秀敏さん
織田信長として臣下たちを引っ張っていきつつ、舞台上で演じる意味を考えています。アニメやアプリでは平面上で表現されていたキャラクターたちが、どんなことを感じ取り、どんな想いで動いているのかというのを、僕らの身体を通して表現していけたらと思っています。

前山剛久さん
豊臣軍は元気なイメージ、織田軍は威厳のあるイメージ、と各軍のカラーがあり、そのバランスを意識しています。豊臣とも織田とも違う上杉軍のカラーを、舞台ではより色濃く鮮やかに出せるように作っていきました。

Q:本作品の見どころは?

赤澤燈さん
場当たりして思ったのですが、照明の配置が珍しいんですよ(笑)! 各軍の歌唱シーンでは、ど派手な照明でテンションが上がるのではないかと思います。

久保田秀敏さん
今回の物語は、誰が主役というわけではなく、皆が主役です。皆さんの推しのキャラクターがどんな立ち姿で、どんな言葉を拾って、どのように生きているのかというのが繊細に描かれているので、ぜひ細部にわたって観ていただきたいです。

前山剛久さん
映像がすごく綺麗で、技術の進歩を感じました(笑)。最先端の映像演出をぜひ楽しんでいただきたいです。

山本一慶さん
武将同士の戦いということで、やはり殺陣がふんだんにあります。衣裳も非常にきらびやかなので、この衣裳を身に纏った武将たちが熱量をもって戦う姿が見どころだと思います。  

荒牧慶彦さん
皆さんが言ってくれた通り、照明・映像・殺陣など視覚的にも楽しめる舞台ですが、今回結月というヒロインが出てくるのがひとつの見どころです。結月を通して引き出される各キャラクターの魅力にも、注目していただけたらと思います。

Q:観に来てくださるお客様にひとこと!

荒牧慶彦さん
『戦刻ナイトブラッド』という作品を好きでいてくださる方々、今回の舞台が初めてという方々、すべてのお客様に楽しんでいただける作品になっています。どうぞ楽しみにしていてください!

山本一慶さん
アプリ、アニメを経て、とうとう舞台化ということで、荒牧さんと僕が出演させていただけるのが、原作を愛してくださる方々への粋なサプライズだなと思いました。声優として出ていた作品に、舞台でも出演するのは初めての経験なので、全力でやらせていただきます!

前山剛久さん
非常に分かりやすく作られている舞台で、初見の方も楽しめますし、勿論原作がお好きな方はより楽しめる作品だと稽古をしながら思いました。沢山のイケメンが出てくるので、ぜひお気に入りのイケメンを見つけてください(笑)。

久保田秀敏さん
舞台化できるのはなかなか簡単なことではなくて、今まで作品を愛して、応援してくださった方々がいるからこそ、僕らがこうして舞台に立つことが出来ていると思っています。僕らの役割は舞台上で、与えられたキャラクターを大切に生きることだと思っていますので、皆さまぜひ楽しみにご来場ください。

赤澤燈さん
今ここにいるメンバーは勿論、信頼できる役者が揃っているなと思っています。皆で同じ方向を向いて、全身全霊で作品を作っていけるカンパニーです。最後まで皆で駆け抜けたいと思っています。見てくださった皆さんが笑顔で帰っていただける作品になるように、精いっぱい頑張ります。
17 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!