【は行】人気&おすすめ『乙女ゲーム』を一挙紹介!

【は行】人気&おすすめ『乙女ゲーム』を一挙紹介!
スマホアプリでも携帯ゲーム機でも乙女ゲ―ムを遊びたい! 恋愛アドベンチャーも、シミュレーションも、リズムアクションも、今から遊べるゲームを一覧にまとめてご紹介。『薄桜鬼』、『遙かなる時空の中で』、『バンドやろうぜ!』など、こちらは【は行】です。

【は行】人気&おすすめ『乙女ゲーム』まとめはこちら!

『薄桜鬼』シリーズ

幕末を舞台に、異形の者“羅刹”と戦う新選組のもうひとつの姿を描く恋愛アドベンチャー。行方不明の父を探すため男装して京へ上洛したヒロインは、そこで出会う新選組の隊士や、幕末の志士たちと深く交わっていきます。シリーズ最新作『薄桜鬼 真改 風華伝』は、PS Vitaで前篇『風ノ章』と、後篇『華ノ章』のふたつに分かれて発売された作品を、ファンディスクの内容をフィードバックさせたうえ、PS4でひとつにした完全版。攻略対象は伊庭八郎や坂本龍馬などが新たに加わりシリーズ最多の12人になります。

華ヤカ哉、我ガ一族

時は大正、帝都の大財閥“宮ノ杜”家で使用人として雇われたヒロインは、そこで腹違いの6人兄弟がくり広げる次期当主争いに巻き込まれて……? 
『華ヤカ哉、我ガ一族』は、使用人として働きながら自分のパラメーターを上げて、攻略対象のキャラクターのハートを射止めていく恋愛シミュレーションです。初代PSP版のダウンロードコンテンツとして配信された“後日譚”を収録して、PS Vitaでリメイクされたのが2015年発売の『モダンノスタルジィ』です。ふたつのファンディスクの内容がひとつになった『幻燈ノスタルジィ』も発売されています。

『遙かなる時空の中で』シリーズ

ネオロマンスシリーズの第2弾として誕生した、和風恋愛アドベンチャーです。
シリーズごとに平安時代や源平騒乱、幕末、そして大正時代などさまざま時代に召喚される女子高生となり、“龍の神子”として“八葉”と呼ばれる8人の男たちとともに、平和を脅かす存在と戦います。2018年2月には、シリーズの記念すべき第1作がPS Vitaとスマホアプリでフルリメイクされました。PS Vitaは待望のフルボイス化を実現しています。

BEAST Darling!~けもみみ男子と秘密の寮~

動物の呪いを受けた男の子たちが集められた牙皇学園の寮で、肉食系野獣男子とのドキドキの共同生活を送る学園ファンタジー。5名の攻略対象キャラクターのストーリーがすべて無料で楽しめるほか、キャラクターとのラブレベルを上げるボイス付きの“スペシャルストーリー”が解放されます。また、けもみみ男子たちの服を着せ替えたり、彼らとメッセージをやりとりしたりすることも。

『Blackish House』シリーズ

容姿も才能もあるけど、“傲慢な俺様”や“あがり症”、“気分屋”な超問題児の芸能人たちとオンボロアパートで共同生活。半年後に控える公演の成功を目指すPC専用の恋愛アドベンチャーです。シリーズは、前向きな恋愛を描く『sideA→』と、悲恋要素が含まれた『←sideZ』の2作品からなります。攻略対象となるキャラクターやクリスマス公演の内容、使用楽曲も、ふたつの作品で異なります。

『BLACK WOLVES SAGA』シリーズ

人と獣人がともに暮らす世界で、人ならざる者との恋を過激かつ切ない描写で描いた恋愛アドベンチャー『BLACK WOLVES SAGA』。“ふたつでひとつの世界”として、PCで『Bloody Nightmare』が、PSPで『Last Hope』が発売。それぞれ異なるメインストーリーと攻略対象で、主人公である囚われの姫君が呪われた疫病ゾディバの謎に迫りました。その2作品をひとつにまとめ、追加要素を加えたモノが、最新作『BLACK WOLVES SAGA - Weiβ und Schwarz -』です。

プリンス・オブ・ストライド

街中を6人組のチームで駆け巡る架空のスポーツ“ストライド”に青春を捧げる高校生たちの、熱い絆と恋を描いたアドベンチャー。主人公は、ストライド部唯一の女子部員兼チームの司令塔“リレーショナー”に。アドベンチャーパートで練習メニュー作成したり、部員との会話で絆を深めて、試合パートへ。勝利と恋を両方手に入れられるかは自分次第。

ボーイフレンド(仮)

海の見える私立藤城学園高等学校2年A組の生徒になって、幼なじみやバンドマン、一国の王子様など、百花繚乱なイケメン男子たちとの学園生活を楽しむソーシャルカードゲーム。季節に合わせたイベントや、ほかのプレイヤーとバトルを行う“カレ自慢”などで、彼氏候補たちとの青春を満喫。カード1枚1枚にストーリーモードが搭載されていて、カードを進化させるごとに限定のストーリーを読めたり、限定ボイスを聴くことができます。

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは