多和田任益&松本 岳、ふたりの"妄想"って!?『熱闘!妄想部』スペシャル対談【第1回】

掲載/更新 0
 多和田任益&松本 岳、ふたりの"妄想"って!?『熱闘!妄想部』スペシャル対談【第1回】
【第1回】「スマートボーイズ」から好評配信&DVD発売中のオリジナルコメディ『熱闘!妄想部』より、キャストの樋口京介 役:多和田任益さん、菅野 徹 役:松本 岳さんにインタビュー!『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でも共演していた、仲良しの2人が繰り広げる妄想トークとは!? 対談インタビューを三回に分けてお届けします♪
IMAGE
5月11日(土)には、東京・星稜会館ホールにてキャスト4名が揃う『熱闘!妄想部』DVD発売記念イベントが開催! 
今回はイベント開催を前に、主演・樋口京介 役の多和田任益さん、共演・菅野 徹 役の松本 岳さんにインタビュー。

第1回目の今回は『手裏剣戦隊ニンニンジャー』ではヒーローとして共演していた仲の二人に、役作りやお互いが演じる役柄についてお聞きしました。

■オリジナルコメディ『熱闘!妄想部』とは?
本編&メイキング映像が収録されたDVDが好評発売中の『熱闘!妄想部』とは、“スマホでスマボ!”をキャッチフレーズに、スマホで楽しむオリジナルドラマを制作する「スマートボーイズ」がおくるオリジナルコメディ。
キャストには多和田任益さん、高橋健介さん、松本岳さん、三浦海里さんが登場し、「妄想甲子園」こと『秋の全国高校選抜妄想大会』にて繰り広げられる、4名の高校生たちの熱い妄想バトルを描きます。

舞台は"妄想甲子園"!「正直、何も掴めなかったです(笑)」(松本さん)

――まずは今作について、『熱闘!妄想部』というタイトルや、「妄想甲子園」という設定を聞いてどう思いましたか?

多和田任益(以下、多和田) 最初に“各キャラクターはこういう役です”という設定書きもいただいたんですが、そこにいきなり「(高橋健介さん演じる秋本忠志について)前回優勝者の……」とか書いてあったので、「なんの話?」って思いましたね(笑)。

松本 岳(以下、松本) 俺は正直、最初は何も掴めなかったです(笑)。「バーチャルで何かして戦うのかな?」みたいな……そこは実際も遠からずではあったんですけど(笑)、やってみたら“お題から自分勝手に妄想話を展開していく”っていう面では、全然予想とは違っていて「面白い!」って思いました。

多和田 最初にざっくりとお話を聞いたときより、やっぱり台本の形になった時に世界が広がったというか、それこそ僕達も内容を妄想できたな、って思います。「なるほど、こういうお話の作り方もあるんだ」と感じて、演じるのが楽しみになりましたし、キャストも4人だけだったので、濃密な環境で挑めるんじゃないかな、と。

――今作は多和田任益さん、高橋健介さん、松本 岳さん、三浦海里さんというキャスト4名のみで演じられています。もちろんお二人は、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』での共演以来の仲ですが、自分以外のキャストのお名前を聞いてどう思われましたか?

多和田 僕は、高橋健介は以前にも(舞台『幽劇』にて)共演しているのでよく知っていて。三浦海里は、名前はもちろん知っていたけど、今回が初共演でした。ただ知り合いから、海里について「こういう子だよ」っていう話は聞いていたので、僕は最初に「なんてバランスのいい4人なんだ!」って思いましたね(笑)。見事に個性が被っていないし、どの2人に分けても味が出るペアになるだろうな、って。

松本 僕も海里とは初共演で、健介のことは前に(映画『岡野教授の南極生物譚』にて)一緒になったことがあったので知っていて。 ただその時は、健介とはほとんど絡むシーンがなかったのでそんなに話したことがなかったんですけど、『熱闘!妄想部』で改めて一緒になったら、すごく面白い子だなと(笑)。だから最初に4人の名前を聞いた時は、「あ、任益がいるんだ」っていうくらいで……でも、すごい安心感がありました。

多和田 確かに、岳がいることへの安心感は俺もあった(笑)。

「なんでやねん」と「四国のトリックスター」の役作りは?

――今回演じられたキャラクターには、多和田さん演じる大阪代表・樋口京介には「なんでやねん」、松本さん演じる徳島代表・菅野 徹には「四国のトリックスター」と、それぞれキャッチフレーズがついています。この「妄想」という架空の競技内での、彼らの役作りにはどのように挑まれましたか?

多和田 僕が演じた樋口京介は、大阪代表ということで関西弁のキャラクターなんです。今まで関西弁の役をやったことがなくて、大阪出身としてもずっとやってみたいなと思っていたので、まずはそこにテンションが上がりましたね!

――そこはやはり、関西弁ネイティブとしての実力を出したい、と!

多和田 やっぱり、関西弁が出てくるドラマとかを見ていても、言葉って気になっちゃうんですよ! だからこそ自分もやってみたいなって思っていましたし、僕自身も他の作品でセリフが覚えられない時に、一旦関西弁に直して覚えたりするんです(笑)。その方が自分の言語だから言葉が入ってきやすくて……そういう方法もよく使っているから、最初から関西弁の役、っていうのはすごく楽しみでした。

松本 え~、そんな覚え方してるんだ!

多和田 でも、いざ関西弁でやっていいよ、って言われたら「あれ、これって関西弁か?」みたいに不安になってくるところもあって(笑)。楽しみつつも、ちょいちょい苦戦したセリフもあって……方言で喋るのって、やっぱり難しいんだなって思いました。
――ちなみに、キャッチフレーズの「なんでやねん」は、多和田さん自身も使いますか?

多和田 あ~、関西に住んでいた時はめっちゃ言ってました! でも、東京に出てきたら言わなくなりましたね。

松本 俺、聞いたことないと思う。

多和田 「なんでやねん」って、言わなくはないんですけど……僕はどっちかっていうと、「なんやねん」って言っている気がします。

松本 確かに、「なんやねん」はよく言ってる!!

多和田 でも、「なんでやねん!」って誰が聞いても分かりやすいワードですよね。大阪色もでるし。

松本 俺も任益のセリフを聞いていて、すごいと思いました。任益が関西出身なのはもちろん知っていたけど、現場で実際に聞くと「うわ~、本物だ~!」みたいな(笑)。だって、俺は富山出身なんですけど、「富山弁をしゃべって」って言われても、すぐにはできないですもん。

多和田 岳と前に共演していた時は、江戸っ子口調だったから(笑)。その違和感もあるよね。

松本 そうそう! 「えっ、こんなに関西弁しゃべれるの!?」みたいな(笑)。

多和田 岳とはいまだに、標準語で共演したことがないっていう。しゃべり方にクセのある役ばかりやっています(笑)。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません