本田礼生×加藤良輔 「変化を楽しみに─」| THE CONVOY SHOW vol.38 『ONE!』

本田礼生×加藤良輔 「変化を楽しみに─」| THE CONVOY SHOW vol.38 『ONE!』
今村ねずみさんが作・構成・演出を手掛ける「THE CONVOY SHOW」新作公演が12/14より開幕! 本田礼生さん、加藤良輔さんお二人のインタビューをお届けします。サイン入りチェキプレゼントも♪

『THE CONVOY SHOW』は”いっぱいいっぱい”で”くったくた”な現場!?

■サイン入りチェキプレゼントも実施中♪

――歴史ある『THE CONVOY SHOW』、本田さんは2016年、加藤さんは2018年に参加。出演を重ねる中で感じる『THE CONVOY SHOW』の持つ魅力とは。

加藤 これはなかなかひと言ではいえないですよね。本当にいくつもあるんですけど、代表的なことでいえば、やっぱり「エンターテインメント性」ですよね。今までこれ以上のエンタメに出会ったことがない、って言えるぐらいの存在です。

本田 芝居して、歌って、踊って、タップがあって。こんなにがっつりショータイムがあるというのは他ではないですよね。

加藤 そうだね。歌って、踊って、お芝居してという舞台は増えてきて、たくさんあるんですけど、それでもここまでエンタメ要素が強くて、お芝居と一貫したテーマでやってるというのはたぶんないと思います。

――そのエンターテイメント性の強いこの『THE CONVOY SHOW』に初参加された時を思い出すと、いかがですか?

加藤 もういっぱいいっぱいでした(笑)。

本田 
それは僕も一緒です。今でもそうですけど(笑)。

加藤 
そうだね、今でもだね(笑)。

本田 
やることが多いので、稽古は、まずダンスだけの稽古が4時間ぐらいあって、そこからお芝居の稽古。

加藤 
それも4時間ぐらい。

本田 
くったくたになるくらい。

本田礼生×加藤良輔 インタビュー画像1

▲写真左から、本田礼生さん、加藤良輔さん

――他の記事を拝見すると、その稽古が終わってからもそれぞれの練習がある、とか。

加藤 というか、やらないと間に合わない(笑)。残ってやるか早く来てやるか。

本田 みんながやっています。

加藤 
ベテランの方もそうですからね。朝来てアップが始まる前にタップを軽く確認したり。

本田 
だから自然と自分からやるようになります。

加藤 
大変ではあるんですけど、ごく自然なんですよね。仕上げるためにやろう、という感覚。

――エンターテイメントとして、ショーとして仕上げるために意識していること、大事にしていることはありますか?

加藤 逆に僕はあまり「ショー」だと考えないようにしていて、(今村)ねずみさんの選曲だったり、振付師の方の振り付けが、テーマに沿ったものになっているので、芝居の意識をしっかりもって、という感覚のほうが強いかもしれないです。例えば、『星屑バンプ』(2018年)だったら『星屑バンプ』のテーマ、『ONE!』だったら『ONE!』のテーマに沿ってのダンスだったりショーになってるので、自然とそういう気持ちになるんですよね。

本田 別物じゃないからね。ショータイムも芝居もつながっている。

加藤 
ねずみさんの選曲が抜群にいいので。

本田 
そう。ホントにこの舞台のために作った、みたいな曲が入ってきたりするんです。

加藤 それがすごいよね。
18 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは