横浜流星が「失くしたもの」とは?映画『いなくなれ、群青』横浜流星、松岡広大らによる舞台挨拶レポート

横浜流星が「失くしたもの」とは?映画『いなくなれ、群青』横浜流星、松岡広大らによる舞台挨拶レポート
2019年9月6日(金)に公開された映画『いなくなれ、群青』より、横浜流星さんらが登壇した初日舞台挨拶の公式レポートが到着しました。イベントでは、本作のカギとなるダイヤル式の電話が登場し「これまでの人生で、失くしたもの」を受話器ごしに発表……果たして横浜さんの回答は?
第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)。この度、実写映画化を果たし、映画『いなくなれ、群青』が全国公開中です。

公開を記念して9月6日(金)に新宿バルト9にて主演の横浜流星さん、共演の飯豊まりえさん、矢作穂香さん、松岡広大さん、松本妃代さん、中村里帆さん、柳明菜監督を招いた初日舞台挨拶が開催されました! 公式レポートをご紹介します。

横浜流星の「これまでの人生で、失くしたもの」とは?

映画『いなくなれ、群青』横浜流星、黒羽麻璃央らによる舞台挨拶レポート

横浜流星さん

ついに公開初日を迎え、初日を迎えた気持ちを問われた横浜流星さんは「多くの方に観に来ていただいて幸せです。本当に多くの方に観ていただきたい作品です。ライブビューイングを見ていただいている皆様もありがとうございます。」と会場に来ることのできない全国のファンに向けても挨拶。

横浜さんは、本作が繊細かつ複雑なストーリー構成のため、撮影に⼊る前に監督、キャストたちと ⼊念な打ち合わせを行ったことについて「原作を読んだときに、世界観をすごく⼤事にしないといけない作品だと思いました。撮影に⼊る前に、監督、プロデューサーと何度も打ち合わせをして、キャスト全員で何度もリハーサルを重ね、“全員で作品への共通認識”を持って、撮影に⼊れました。」と撮影時を振り返りました。

さらに「原作小説の世界観、言葉、セリフをどう表現すればいいのか悩んでいたのですが、監督にパイロット版(サンプル映像)を見せていただいて、イメージが湧き期待も膨らみました。キャストみんなと合わせて、大切なシーンは一通りリハーサルをやったのでスムーズに撮影に入ることが出来ました。入念に準備して臨めたことが、とても心強かったです。」とコメント。
19 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは