「沸いたー!」「鬼滅の刃」JC・JKが選ぶ『2020年トレンド予測』発表「397」「第五人格」etc.

掲載/更新 0
「沸いたー!」「鬼滅の刃」JC・JKが選ぶ『2020年トレンド予測』発表「397」「第五人格」etc.
椎木里佳さんが運営する株式会社AMFより、”JCJK調査隊”が選んだ「2020年のトレンド予測」が​発表になりました! あなたの知っているものはある?
IMAGE
株式会社AMFより、トレンドのリサーチが得意な”JCJK調査隊”の精鋭メンバーの選考結果をもとに、「2019年の流行語大賞」と「2020年のトレンド予測」が「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて発表されました!

こちらの記事では「2020年のトレンド予測」をお知らせします。

※「2019年の流行語大賞」はこちら!
https://numan.tokyo/news/1a4me

2020年JC・JKトレンド予測 "セルフプロデュースタレント”“第一次中華ブーム” "”に注目!

コトバ部門

「網紅」は、中華圏の女性インフルエンサーの総称です。
凄まじい影響力と経済効果が日本でも話題になり、こんなインフルエンサーになりたいとの声が続出し、モノ部門に選ばれた「中華メイク」と共に人気が期待されています。

「397」(サンキューな)は、今年流行した3150(最高)から派生した言葉です。文字で伝えるよりもより気軽に使用でき「ワード映え」すると使用する女子中高生が急増中です。

アプリ部門

これから女子中高生のシェアがさらに伸びると予測されるアプリは「第五人格」です。サバイバーとハンターを中心とした鬼ごっこゲームで、強烈なキャラクターたちが織り成すゴシックな世界観が「どハマりする」と人気が出てきています。

また、シェアバッテリーアプリ「Charge Spot」も密かなブームとなっています。アプリで最寄りの設置場所を検索し充電器を借りた後は、また別の設置場所に返却することができるサービスでスマホを手放せず充電がなくなりがちな女子中高生を中心に注目されています。

「人工無脳」は、自分が人工知能を作る疑似体験ができるアプリです。自分の好きなアイドルやキャラクターを設定し何度も会話し学習させることによって自分と会話しているような体験ができると女子中高生の間でも人気が出てきています。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません