“美しすぎる黒羽”、爆誕!?映画『いなくなれ、群青』黒羽麻璃央登壇の公開記念トークイベントが開催

掲載/更新 0
“美しすぎる黒羽”、爆誕!?映画『いなくなれ、群青』黒羽麻璃央登壇の公開記念トークイベントが開催
2019年9月7日(土)、映画『いなくなれ、群青』公開記念トークイベントが開催! 黒羽麻璃央さん、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサーが登壇しました。横浜流星さん演じる七草が唯一心を通わせる少年"ナド"を演じる黒羽さん、“美しすぎる黒羽”と称される、とあるシーンが生まれた経緯とは?
関連記事
黒羽麻璃央さんインタビュー| 映画『いなくなれ、群青』
横浜流星が「失くしたもの」とは?映画『いなくなれ、群青』横浜流星、松岡広大らによる舞台挨拶レポート


第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)。この度、実写映画化を果たし、映画『いなくなれ、群青』が全国公開中です。

公開を記念して9月7日(土)に渋谷HUMAXシネマにて黒羽麻璃央さん、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサーを招いた公開記念トークイベントが開催されました! 公式レポートをご紹介します。

“美しすぎる黒羽”が生まれた シーンの裏側を暴露

ついに公開を迎えて、今の気持ちを聞かれると、黒羽さんは第一声に「おめでとうございます!」と公開を祝福。続けて「ニュースとかで初日舞台挨拶の写真を見て、(舞台挨拶に)いたかったな~って地団太踏んでいました」と初日舞台挨拶に登壇できなかった悔しさを述べました。

物語にちなみ“失くした物”について尋ねると、黒羽は「受話器持った方がいいですか?」と初日舞台挨拶で行われた演出になぞらえて、ジェスチャーをして笑いを誘った。そして「お気に入りの指輪を無くしました」と黒羽が答え、真剣に聞いている観客へ「えーっとか言ってくださいよ!」とはにかみながらツッコミを入れると、笑いと共に「えー!?」と声が上がり会場を盛り上げた。
今作で演じる“ナド”について聞かれると黒羽さんは「原作を読んでいくなかで、不思議なキャラクターで僕ができるかな?横浜さん、飯豊さんがいるなかで存在感がなくならないかな?」と演じる前の不安を吐露し、「ナドは気張る役でもないけれど、存在感は出さなくてはいけない難しい役どころでした。皆さんにクエンスチョンマークを付けられるような存在として演じました」と掴みどころないキャラクターを演じる難しさを語りました。
菅原プロデューサーが、舞台観に行った際に印象に残り、若いキャストが多い中、達観して色気の出せる黒羽さんを起用したというエピソードを披露すると、柳監督は「ナドが登場する屋上のシーンは、原作の中で象徴的なシーンで、原作通りの詩的なセリフのままナドを演じてもらい、黒羽さんには、原作のイメージを背負ってもらっていた」と黒羽さんの役の重要性を明かしました。

そして、ナドと七草が登場する屋上のシーンの話になると柳監督は「あのシーンはワンカットで撮っているんです」と切り出し、黒羽さんは「太陽の関係で早く撮らないといけないんだろうなとは思っていましたが……」と話すと、すかさず柳監督が「麻璃央さんにカット割るなんて失礼だから!(笑)」と冗談交じりに応えると、会場から大きな笑いが起こりりました。

続けて“ナドが窓を飛び越えて屋上へ行く”シーンの誕生秘話も披露。柳監督は「ただナドが屋上で佇んでいるだけでは面白くない。どうしようと悩んでいた時に、パッと横を見たら窓に肘を掛けている麻璃央さんがいたんです」とジェスチャーをしながら意気揚々と語ると、続けて「その姿が美しすぎて、そのまま“窓を飛び越えて、外に出てこれますか?”って聞いたら、(黒羽が)“行けます”とパ―ンって」とシーン誕生の裏側を語り、黒羽さんは「是非、二回目見る時はこのシーンに注目してください!」と明るく答え、会場は拍手と笑いに包まれました。
商業長編映画初監督となる柳明菜さんと、映画プロデュースは初めてとなる菅原大樹さんについて聞かれると、黒羽さんは「初めてって、もっとブサイクになってしまうものだけれど、全然そうではなかった。一番最初にやろうと思った、そのエネルギーは強くて大事ですし、そのパワーを持った作品になったと思います」と熱く語ると、柳監督は「なんていい人なんだろう」と声を震わせて感動。黒羽さんは重ねて「いい人なんです(笑)」と応えて会場の笑いを誘いました。

最後に黒羽さんは「監督もプロデューサーも初めてとは感じない作品で、初めてのパワー恐るべしというこの作品に力添えできてよかったです。5年前くらいに演技のワークショップで出会った横浜流星くんと大人になって再会して一緒に仕事をすることができ、この作品を作り上げることができて凄く嬉しかったです!」と本作への熱い想いを語りました。

イベント概要

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません