用語集

生類わかりみの令(しょうるいわかりみのれい)

生類わかりみの令(しょうるいわかりみのれい)
用語集テストバナー

意味

江戸時代に徳川綱吉が発令した、生き物の殺生を禁ずる「生類憐みの令」の“憐れみ(あわれみ)”を“わかりみ”に置き換え、「わかる!」と同調する気持ちを表した造語。

“わかりみ”自体が「わかる!」という意味の若者言葉で、語尾に“み”をつけることで断言を避けぼかす意図を持つと言われている。

“どうしよ平八郎の乱”や“春はあげぽよ”同様、流行らせているのは主に授業で日本史を学ぶ中高生。
考案者については、はっきりとした事実は不明だが、Twitterでの誰かの投稿が始まりという説がある。

おもちゃやの製造販売などを行う株式会社タカラ トミーは、サンリオのキャラクター・ぐでたまのプラレールについて公式Twitterで宣伝する際、「かわいいぐでたまのデザイン!マヂ生類わかりみの令~!!」と投稿していた。

また、「生類わかりみの令すぎて尊み秀吉」といったハイブリッドバージョンを使う人もおり、若者言葉はどんどん歴史を遡っている。

例)
「『アイドルは手が届かない存在だからこそ神』って言葉に、生類わかりみの令」
「今日のライブ、メンバー同士で生類わかりみの令が発令されまくってて、息ぴったりだった」
2 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは