用語集

どうしよ平八郎の乱(どうしよへいはちろうのらん)

どうしよ平八郎の乱(どうしよへいはちろうのらん)

意味

「どうしよ(う)」という言葉と、江戸時代に大塩平八郎が幕府に対して起こした“大塩平八郎の乱”(おおしおへいはちろうのらん)をあわせた言葉。

一見オヤジギャグにも見えるが、流行させているのは主に中高生。
SNS上などのやりとりで、歴史的人物や事件、有名なフレーズをもじった言葉遊びが流行しており、“どうしよ平八郎の乱”もその流れで誕生した様子。

同様の言葉遊びに、“了解道中膝栗毛”“尊み秀吉””生類わかりみの令””春はあげぽよ”などがある。
これらに使われる歴史用語は中高生にとって日本史の授業で学んでいる事柄であり、仲間と共有しやすいのである。

また、Twitterでは、「どうしよ大塩平八郎の乱」と言っている人もたまに見かける。正しくはないが韻を踏んでいるようでテンポよく聞こえるため、意外と違和感はない。
2 件

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは