用語集

天使(てんし)

天使(てんし)
用語集テストバナー

意味

天の使い、神の使者のことを指す。

宗教や神話、伝説によりその姿は様々であるが、背中に2枚の羽根と頭上に光る輪を載せている姿が一般的である。子供の姿をしていることも多い。

その外見イメージより、しばしば可愛らしいもの、優しいもの、純真無垢なものに対して比喩的に使われている。また、人間の良心の対象としての視覚的表現として使われることもある。

ネットスラングとしては「〇〇マジ天使」という言葉が一般的である。もともとは「〇〇マジ××」という言い回しからきており、その起源は正確には不明だが、契機となったのは2010年に放映されたテレビアニメ『Angel Beats!』だと考えられている。この作品には天使という愛称のキャラクターが登場し、彼女が天使のように可愛いことを表現するため、「天使ちゃんマジ天使」と言われるようになった。その語呂の良い言い回しから、一気に定型句として広まっていったとされている。

2 件
aichu
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは