用語集

セバス(せばす)

意味

セバスチャンの略称で、執事を連想させる言葉。

セバスチャンが執事とイメージされるようになったのは、『アルプスの少女ハイジ』に登場するクララの屋敷の使用人がセバスチャンであったことがきっかけとされている。
真面目で心優しく、給仕や屋敷の管理など、屋敷の用事全般を行っているセバスチャンは、執事の見本のように印象付けられた。
このキャラクターの影響で、日本ではセバスチャンという名前から執事を連想する人が多い。

セバスチャンは欧米では一般的な名前であるため、セバスチャン=執事と連想することはなく、そういったイメージを持っているのは日本人だけだと言われている。

2006年からマンガ『黒執事』の連載が開始となり、作中には名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家に仕えるセバスチャン・ミカエリスという執事が登場する。
同作は、2016年時点で発行部数全世界累計2300万部超、ドラマCD、アニメ、劇場版、舞台と、多くのメディア展開がされており、作品の世界観やビジュアルから海外人気も高いため、セバスチャンと言えば『黒執事』を思い浮かべる外国人も少なくない。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!