用語集

サブスク(さぶすく)

掲載/更新 0
サブスク(さぶすく)
用語集テストバナー

意味

「サブスクリプション」の略。
一定期間の契約でデジタルコンテンツや製品、サービスなどを利用することに対して、代金を支払うビジネスモデルである。

有名なのは「Netflix」や「Apple Music」のような定額制で映像、音楽、書籍などが鑑賞し放題になるサービス、Photoshopなどのクリエイティブツールが利用し放題になるAdobe社の「Creative Cloud」あたりだろう。

特に2013年に始まったCreative Cloud は、大幅な売上アップによりサブスクの成功例と言われている。
他にもゲームがダウンロードし放題のサービス、衣服や乗り物のレンタルサービス、定額で飲食できるサービスなど、多種多様な企業が次々と参入。
「保有」から「利用」へ、「必要なときに、必要なだけ」と世の中の価値観が変化してきていると言える。

サブスクのメリットは?

サブスクはユーザーにとって、気になっていたものが気軽に始められる&やめられる、通常よりお得に利用できる、常に最新版が使えるなどのメリットがある。

一方で事業者側には、気軽に利用できることで新規顧客が増える、一定期間の安定した収益が得られる、リピーターが増えるなどのメリットがあるとされている。

あのアイドルも「サブスク解禁」

声優やアーティストの楽曲がサブスク配信された時は、よく「サブスク解禁」という言い方がされる。

ちなみにジャニーズJr.はCD以外の楽曲提供は難しいと思われていたが、2019年10月9日、アイドルグループ・嵐の一部楽曲がサブスク配信を開始。
SNSではファンの喜びの声が見られたほか、社会学者の古市憲寿氏はTwitterで「嵐がサブスク解禁って時代を感じる」とコメントした。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません