用語集

商業BL(しょうぎょうびーえる)

商業BL(しょうぎょうびーえる)
用語集テストバナー

意味

同人誌ではなく、出版社などから販売されるBL(ボーイズラブ)作品のこと。

コミケやイベントが主な売り場となる自費出版の同人誌に対して、出版社が扱う商業BLは書店(デジタル含む)で購入することができる。

同人誌は既存の作品をBL化した二次創作が主流だが、商業BL作品は著者によるオリジナル作品がメイン。BL雑誌で連載されているものも多く、雑誌により読者の年齢層やテイストは異なる。

雑誌『BE・BOY GOLD』などを出版していたBL関連出版社の​ビブロスが2006年に倒産した際は、商業BLファンに衝撃を与えた。
その後新たに出版社リブレとして生まれ変わったが、この倒産で一部の作家や作品が他社へ流出したと言われており、こういったことが起きるのも商業ならではと言えるだろう。

桜日梯子の『抱かれたい男1位に脅されています。』中村春菊『純情ロマンチカ』のように映像やドラマCD化がされやすいのも商業BLの特徴だが、ドラマや映画の場合はBL好き以外のファンも取り込もうという狙いからか、過激な描写は避けられることも多く、どこまで(映像化)やるの~!という原作ファンの声があがることも。

ちなみに男性同士の恋愛を描いた水城せとなのコミック『窮鼠はチーズの夢を見る』が2020年に映画公開されることが発表された。アイドルグループ・関ジャニ∞大倉忠義が出演予定である。
3 件
aichu
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは