用語集

メリーバッドエンド(めりーばっどえんど)

意味

物語の結末の形式の一つ。略称は“メリバ”。物語の結末を受け手が判断する“Open ending”の形式の一種。特に受け手の解釈によって、登場人物の幸福と不幸が入れ替わる結末のことを指す。言葉の発祥は不明。

よくある物語の形式としては、心中話がメリーバッドエンドにあたる。借金や周囲の反対などなんらかの原因で死ぬことを選んだ恋人同士。世間的な価値基準で判断すれば、死亡した彼らはこの上なく不幸である。しかし、死によって永遠に結ばれることができた彼ら自身は、幸福を感じているだろう。

そのほか、全世界を救う代わりに本人は死亡する、主人公の精神が壊され幸福な夢の中に旅立つ、ヤンデレキャラが恋人を監禁して自殺、など様々なパターンが存在する。

結末の形式としては非常に古くからあり、童話『幸福な王子』や『人魚姫』などがこれに該当する。概念に名前が付けられたことによって、広く認知されるようになった。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!