用語集

広告で有名になりたい(こうこくでゆうめいになりたい)

掲載/更新 0
広告で有名になりたい(こうこくでゆうめいになりたい)
用語集テストバナー

意味

口パク&ダンス動画をシェアできることで、10代の若者を中心に爆発的な人気を誇るアプリ『TikTok』で生まれたワード。
自身の動画を投稿する際に「#広告で有名になりたい」とハッシュタグをつける形で使用される。

元ネタは?どうして流行ったの?

もともとはTikTok内で実施されたキャンペーンの名称で、「#広告で有名になりたい」とハッシュタグをつけて動画を投稿すると、文字通り自分の動画がTikTokの広告に掲載されるというもの。
掲載されればより多くの人の目に触れる=再生数や「いいね」数の増加、「おすすめ」への掲載に繋がることなどから流行した。

一説によると「有名になりたい」という言葉はまさにSNSを使う若者の願望を表しており、今やキャンペーン関係なくTikTokの定番ハッシュタグになったと思われる。
6 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません