用語集

推し貯金(おしちょきん)

掲載/更新 0
推し貯金(おしちょきん)
用語集テストバナー

意味

推しを応援する活動、いわゆる推し活動の軍資金を貯えること。

これまでの「推し貯金」

二次元にしろ、三次元にしろ、推しがエンターテイメント作品の住民である以上、応援のためには資金が必要となる。
直接的なチケット代、グッズ購入費だけでなく、遠方まで追いかけていくための旅費、はては推しに無様な姿を見せないための服飾費が含まれることも。

まっとうな社会生活を送りつつも推しを応援するため、預金残高を数えながらつつましい生活を送る淑女たち。
だが、それは倹約のための倹約ではない。
いつか推しにささげるために、諭吉を育てているのである。

これからの「推し貯金」

しかし2020年春、淑女たちに大きな事件が起きた。
新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、大量のイベントが中止になったのである。イベントがなければ、グッズも販売されず、遠征に出ることもできない。さらには、払い戻しされる大量のチケット代。
強制的に推し活を封じられ、淑女たちは強制的に「推し貯金」をする羽目になってしまった。
使うあてもなく、ただ手元に貯金だけが残ってしまっても虚しいだけである。
だが、彼女たちは諦めない。
いつか、諭吉が羽ばたいていく日を夢見て、コツコツと推し活の日を待つのである。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません