用語集

お布施(おふせ)

お布施(おふせ)

意味

キャラクターのグッズやDVD等を購入することで、自分の好きな作品やコンテンツ、キャラクター、俳優、制作会社などに対して還元しようとする行為をさす。

僧侶へ読経や戒名をいただいた謝礼として金品を渡す、あるいは本尊へお供えする意味での“お布施”から、このように言われるようになった。

好きだから買う、この商品が欲しいから買うという通常の気持ちの他に、
・「このジャンルがもっと発展しますように」
・「アニメの二期が制作されますように」
・「舞台の再演、続編が出来ますように」
・「良い作品をありがとうございました、今後ともよろしくお願いします!」
などの願いと感謝も込められている。

特に、マイナーな作品やジャンルのファンは、自らがお金をたくさん使うことによって、自分の好きな作品やそれを制作している会社が存続すると考え、行動する。

劇場版作品や舞台公演などを観る前にグッズを購入する人も多いが、実際に観た後にすでに所持している同じグッズを複数買い込むお布施行為は、作品への感謝や昂ぶった気持ちを、表現する方法の一種でもある。

例)
「舞台化してくれてありがとう……推しくん最高過ぎる。追いブロ(※)するわ。お布施お布施」※追いブロマイドのこと
「公演前にDVD予約したけど、お布施としてやっぱりあと2・3本予約する」
「最近、自ジャンル元気ないんだよ……もっと布教とお布施しないと!」

2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語