用語集

作画崩壊(さくがほうかい)

作画崩壊(さくがほうかい)

意味

"アニメーション作品で、作画のクオリティーが著しく低下し、崩壊したようになっている状態。

予算や人手不足、制作スケジュール過密などが原因で、納品までにクオリティーコントロールがしきれなかった場合などに発生。
キャラクターのデッサンやパースがおかしくなったり、セリフに対してキャラクターの口が動かなかったり、彩色ミスで本来肌色である手の部分が全然違う色になっていたり…….
作画崩壊と一言で言ってもその現象はさまざまである。
1クール通して作画のクオリティーが高く保たれている作品もあるが、その中の特定の話数が極端な作画崩壊を起こすこともある。

異例としては、2013年に放送されていたアニメ『PSYCHO-PASS』では、第18話「水に書いた約束」が当時話題になった。
放送前に、塩谷直義監督がツイッター上で「今日放送の18話。すべて直します。本当に申し訳ございません」、と謝罪するという前例のない事態。
実際に放送が開始されると、今まで見てきたキャラクターとは別人なのでは? という程の作画崩壊がおきていたのだ。
実は、大勢のスタッフが当時流行っていたインフルエンザにかかってしまったのが原因のよう。
監督からの謝罪ツイートもあり、「何かが起きている」というのを放送前に知れたことで、バッシングや批判的な意見は少なく、むしろ「大変な中、放送に間に合わせてくれてありがとう」と感謝の気持ちを感じる人も多かったようだ。
(該当話数に関しては、DVDの発売に合わせて大幅に作画修正が行われている)

「これはやばいwww」と作画崩壊を指摘すると、「おまえら、こいつ見てもそんな事言えんのかよ!」と過去の作画崩壊を持ち出してくる人が多く、途端に作画崩壊レベルの高さ比べが始まり、返って作品に注目が集まることも……。

2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語