用語集

平成(へいせい)

掲載/更新 0
平成(へいせい)
用語集テストバナー

意味

日本の元号の1つであり、1989年1月8日から2019年4月30日までのことを指す。

2019年5月から「平成」に代わる新元号になることが発表されると、またたく間に世間では「平成最後の○○」というフレーズが流行。
テレビ番組でも頻繁に使われるようになり、「平成最後の大セール」など各界でこぞってキャンペーンが行われた。

ちなみに“平成最後”の『ユーキャン新語・流行語大賞』で大賞に輝いたのは、カーリング女子チームの「そだねー」である。

平成のマンガ・ゲーム業界は?

株式会社イーブックイニシアティブジャパンが発表した「平成の電子書籍セールスランキング」によると、平成にもっとも売れたマンガは『キングダム』、2位は『進撃の巨人』

ゲームにおいては平成2年に任天堂よりスーパーファミコン、平成6年にPlayStationが発売され一世を風靡したが、今やVR(バーチャルリアリティ)という現実との境目がわからなくなるような機能も実装され、進化を続けている。
また、平成11年からはいわゆる“ガラケー”と呼ばれる携帯電話が普及し、ソーシャルゲームなどが流行。2007年以降はスマートフォンへと移行していったことも、平成を象徴する出来事だ。

それらの技術発展により生活は便利になり、人々も簡単に繋がれるようになった。好きなマンガやアニメへの愛をいつどこでも発信でき、仲間も検索できる。
そして2019年5月1日からの元号は「令和」に。“推し”を愛しいと思う気持ちは、平成から令和になっても変わることはないだろう。
6 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません