用語集

○○きちゃ(きちゃ)

掲載/更新 0
○○きちゃ(きちゃ)
用語集テストバナー

「○○きちゃ」の意味

「○○きちゃ」(きちゃ)とは、「物事が始まったこと」「配信が始まったこと」。
とくに「良い展開が始まったこと」を意味するライバー用語
「ライバー」(live+er=ライブ配信をする人)とは、ライブ配信サービスにおいて、視聴者向けに配信活動をしているユーザー。芸能人、YouTuber、バーチャールYouTuber(Vチューバ―)など、活動で収益を得ているユーザーも含まれる。

これらユーザーが発する用語が「ライバー用語」。
ライブ配信サービスであるため、画面越しで対面するわけであり、直のライブ感には劣る面があるが、視聴者がコメントや「いいね」をつけられ、「投げ銭」を送ることができる、などの特長をもつ。
ライバーのうち、影響力があるライバーによって、本用語の認知が目覚ましいものとなった。

「○○きちゃ」の由来・語源

ANYCOLOR株式会社が運営するVTuber/バーチャルライバーグループ「にじさんじ」によって流行り、広がったとされる。なかでも、にじさんじに所属するバーチャルライバー「鷹宮リオン」がよく使用する。

鷹宮リオンはかなりのエリート気質であり、場合によっては辛辣な言葉を浴びせる。反面、そそっかしく、少女のような純真さやディープなオタク気質などを併せ持ち、ファンはギャップに萌える。
そもそもの元ネタは諸説あるものの、そのうちのひとつに「東北の方言」という意見が見られる。
東北の宮城県では、「そうだ」という意味のときに、某ラブコメアニメで有名な「だっちゃ」が使われる。この、かわいい響きの語尾「ちゃ」が通じる、ということである。ゲーム配信者や歌い手などの中で、「ちゃ」で終わるライバー用語の使用を確認できる、という声も確認できる。
方言がよくわからなくても、誰でも最後に「ちゃ」を付けるだけで声やコメントをかわいく見せられる、テンションや期待感を伝えられる、という側面からも使い勝手がよいのかもしれない。ライバーだけでなく、視聴者も同様に使うケースが珍しくないっちゃ。

ただ、場所をわきまえず多用すると、ライバー界隈を知らない周囲の人に、「口調が気持ち悪い」「あのひと、ちょっと変」などのネガティブな印象を与えてしまう恐れもあるので、使用する場には十分注意したい。

「○○きちゃ」の活用例

「○○きちゃ」の使用例:
「(配信が)きちゃ~」
「(胸アツなシーンが)きちゃ~っ」
「(良い展開が)きちゃ~!」
「ついに、きちゃああああああ!」
「きcはあああ」
「きtらああ」

など、動画へのコメントを急ぐあまり誤字のまま送られる「きちゃ」っぽい文章も多々見受けられる。
9 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません