星野源の音楽は“オタク心”をくすぐる。ディープな知識と愛が現代にハマった

掲載/更新 0
星野源の音楽は“オタク心”をくすぐる。ディープな知識と愛が現代にハマった
アニメソング(アニソン)を語る連載、第五回目はあの国民的アニメの主題歌も歌った星野源さんについて。星野さんがたくさんの人が支持されているのは、彼自身がディープなオタク気質を持ち合わせているから?
IMAGE
カルチャーライターの曽我美なつめと申します。
アニメやマンガを愛するガチオタクである一方で、これまで約10年ミュージシャンとしても活動し続けるかたわら、現在は音楽ライターとしても活動している私。そんな私が音楽オタク&アニメオタクの両側面からご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのはアーティスト・星野源さん。『映画ドラえもん のび太の宝島』のテーマ曲や『スーパーマリオブラザーズ 35周年』CMソングにも抜擢された星野さんの楽曲に注目します。実は“オタク気質満載”な楽曲の秘密とは?

CD+DVD『不思議/創造 』画像

CD+DVD『不思議/創造 』より

作品への愛が溢れるオマージュ。

今やまさに国民的人気を誇るソロシンガー・星野源さん。
映画やドラマなどの主題歌のイメージが強い彼ですが、1979年から50年以上に渡って、長年お茶の間で親しまれているアニメ『ドラえもん』の劇場版、『映画ドラえもん のび太の宝島』テーマ曲を担当。
大人から子どもまで幅広い世代に愛される本アニメの主題歌こそ、星野源さんが歌う『ドラえもん』となっています。

アニメタイトルをそのまま楽曲タイトルにした、なんともチャレンジャーな曲である本作。
ですがこの曲にはそんなタイトルに恥じない星野さんの『ドラえもん』愛や、原作者である藤子・F・不二雄先生へのリスペクトがあちこちに散りばめられています。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません