ピスピス…『吸血鬼すぐ死ぬ』第8話、福山潤があざと可愛い!“鼻息ボイス”で新たな魅力が開花した?

掲載/更新 0
ピスピス…『吸血鬼すぐ死ぬ』第8話、福山潤があざと可愛い!“鼻息ボイス”で新たな魅力が開花した?
TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』第8話では、福山潤さん演じる“鼻息丸”がかわいすぎると話題に! ナギリが再登場したエピソードも注目を集めました。みんなの感想とともに振り返ってみましょう。
IMAGE
福山潤さんや古川慎さんをはじめとする豪華声優陣が出演し、注目を集めているTVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』
最弱吸血鬼・ドラルク(CV:福山潤)と吸血鬼退治人・ロナルド(CV:古川慎)などがくり広げる、ハイテンションなギャグが見どころです。
第8話「ピスピス危機一髪」では、福山潤さんが演じるコウモリ“鼻息丸”がかわいすぎると話題に!
福山潤さんの新たな扉が開いた……と魅力があふれた演技も人気を集めました。

辻斬りナギリが再登場した「キッドナップ・カプリチオ」では、ジョンとの交流にほっこりした人も?
みんなの感想とともに、気になるシーンを振り返ってみましょう!

「新たな扉が開いた」福山潤の演技に注目

普段は中途半端な変身しかできないドラルク。しかし1本目のエピソード「ピスピス危機一髪」では、珍しく全身をコウモリの姿に変えることに成功します。

特徴はかわいらしいフォルムと「ピスピス」という荒い鼻息。路上でヒナイチに助けられ、“鼻息丸”と命名されます。
「ピスピス」は原作では効果音として書かれていましたが、アニメではドラルク役の福山潤さんがセリフとして披露。その演技が「かわいすぎる!」、「あざとかわいすぎて怖い」と注目を集めました。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません