『半妖の夜叉姫』オールスター戦!殺生丸・犬夜叉一行の戦いが熱かった。理玖が言いかけたのは…【第46話】

掲載/更新 0
IMAGE

殺生丸vs麒麟丸!余裕を見せつける殺生丸に「最強」「激アツ」

一方、殺生丸は麒麟丸と刃を交えます。
殺生丸を倒し名実ともに“最強”の座を手に入れたいと滾る麒麟丸を「哀れ」「なにゆえ最強にこだわる」と一蹴。

さらに、かつて殺生丸の父、犬の大将に女子供を戦場に連れてくるなと咎められ、その忠告を無視して最愛のりおんを亡くしている麒麟丸はりんを連れている殺生丸に苛立ちますが、それも「貴様もすでにわかっているはずだ そのような手を使う者は最強を名乗れぬことを」とバッサリ。

殺生丸が前話でりんにこの場で戦いを見ておくよう指示したのは、本当の強さとは何かを麒麟丸に示そうとする意図もあったのかもしれませんね。
戦闘レベルはもちろん、考え方も麒麟丸より上手な殺生丸。
クールな表情を変えることなく余裕を見せつける、これぞ殺生丸といった戦いに、「殺生丸様こそ最強」「迫力がすごい」「激アツ……」など視聴者も感嘆の声をあげました。

美青年(妖怪)どうしの戦いということもあって、画面も華やかでしたね。

りおんの死は自ら望んだものだった?理玖が言いかけたことは…

そして今回驚かされたのはりおん。あんなにいい子だったのに、希林先生に唆されてまさかの闇堕ち……!

りおんをなんとか助けたいととわ達が四苦八苦するなか、理玖が希林先生の言葉から、りおんの死にある違和感に気づきます。
半妖に殺されたりおんですが、りおんは自分を殺した半妖を恨むような言葉を発したことがないというのです。
「まさか……とわ様、りおん様は自分のことを…」と言いかけたところで「黙れ!」と激昂したりおんに連れ去られてしまう意味深な展開に。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません