『半妖の夜叉姫』希林理に不穏な動き…ラスボス交代か?殺生丸夫妻にも惚れ直した!【第45話】

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』希林理に不穏な動き…ラスボス交代か?殺生丸夫妻にも惚れ直した!【第45話】
『半妖の夜叉姫』第45話「希林理の妖征伐」を振り返り! ついに目覚めた殺生丸。気になるその第一声は……!? ファンを唸らせたりんとの夫婦の絆に注目です。また、ここへきてラスボスが変わる可能性も?
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第45話「希林理の妖征伐」では、魄を奪われ弱っていた殺生丸がついに復活! 麒麟丸との戦いに臨みます。

ようやく目を覚ました殺生丸。りんへの声かけに注目が集まりました。夫婦の絆と覚悟が垣間見えたやりとりとは?

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

寝ても覚めてもりん一筋。殺生丸の言葉に愛が詰まってる…!

魄を奪われ弱っていた殺生丸でしたが、りんの献身的な介抱の甲斐もあってかついに目を覚ましました。

キリッと鋭い目つきと凛々しい顔立ちを久々に披露してくれた殺生丸。最初に視線をやったのはもちろん最愛のりん。最初に発した一声も「りん」という呼びかけでした。
再び麒麟丸と刃を交えるにあたり、邪見はりんを時代樹の中へ逃そうとします。
しかし、殺生丸は「りん そこで見ていろ」「決して退くな」と逃げることをさせません。りんもその言葉に「はい」と頷くのでした。

最強の妖怪である殺生丸がか弱い人間のりんを守る。それは視聴者にとっても当たり前の構図で、今までの殺生丸なら多分「下がっていろ」と言ったはず。

しかし、この戦いの中で麒麟丸にも臆さず子供たちを守ろうとしたりんの覚悟の強さを知った殺生丸は、その想いを汲んだからこそ戦いの場にりんを留めたのではないでしょうか。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません