『鬼滅の刃』LiSA「白銀」を“しろがね”と読む謎。秘められた煉獄への想いと炭治郎の決意

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』LiSA「白銀」を“しろがね”と読む謎。秘められた煉獄への想いと炭治郎の決意
アニメソング(アニソン)を語る連載、今回はテレビアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』OPとEDを飾ったLiSAさんの「明け星」と「白銀」です。印象がどんどん異なる「明け星」と「白銀」の読み方の謎とは?
IMAGE
カルチャーライターの曽我美なつめと申します。
アニメやマンガを愛するガチオタクである一方で、これまで約10年ミュージシャンとしても活動し続けるかたわら、現在は音楽ライターとしても活動しています。

そんな私が音楽オタク&アニメオタクの両側面から、様々なアニソンを解説する本連載。
今回ピックアップするのは、TVアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』のOP・ED両主題歌を飾った、LiSAさんの楽曲についてです。

『明け星 / 白銀 (期間生産限定盤) 』LiSA

『明け星 / 白銀 (期間生産限定盤) 』LiSA


劇場版とは装いも新たに、彼らの激闘を彩ったオープニング曲『明け星』エンディング曲『白銀』。両曲ともリリーズ直後から数多くの人々に愛される曲となっており、様々な音楽番組で早速この『明け星』を歌唱するLiSAの姿を見た!という人もきっと多いはず。

そんな『明け星』『白銀』各楽曲の魅力についてを、本記事では徹底解説。
それぞれに見どころのある両曲の注目ポイントに関して、今回はご紹介致しましょう。

『明け星』印象が次々と変わる不思議な楽曲

まずオープニングの『明け星』については、ぜひその変幻自在なサウンド面に注目して頂きたいところ。
本楽曲が初公開となったのは、無限列車&遊郭編の放送開始日程が公開となったプロモーションリール動画にて。

楽曲詳細と共に流れていた本楽曲のサビは、どちらかと言えば壮大に歌い上げられるバラード調。立志編オープニングであった『紅蓮華』のような曲を想像していた人にとっては、少し予想外の雰囲気であったことでしょう。
しかしいざ実際にテレビで放送された際は、冒頭のスピード感と重厚感あるフレーズで、これまた「サビの雰囲気と全然違う!?」と感じた方もきっと多いはず。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません