斉藤壮馬はアーティストしても素晴らしい。エモすぎる3つの魅力

斉藤壮馬はアーティストしても素晴らしい。エモすぎる3つの魅力
大人気声優の斉藤壮馬さん、先日アーティスト活動が3周年を迎えました。新シリーズの"第2章"も話題のいま、改めて"アーティスト・斉藤壮馬"の魅力を振り返りましょう♪
IMAGE
『ヒプノシスマイク』『あんさんぶるスターズ!』など数々の人気作に出演する声優の斉藤壮馬さん。甘いルックスで魅了する一方、数々の作品で主演を務める実力派の斎藤さんですが、声優としてではなく、アーティストとしても活躍し、6月7日でアーティスト活動を開始して3周年を迎えました! 
そして現在は、アーティスト活動の第2章となる『in bloom』シリーズをスタート。

そこで今回は、これまでの斎藤さんのソロ歌手としての活動や魅力を3つの視点から振り返りましょう♪

【1】アートワークからエモい…!

斎藤さんは2017年6月7日、シングル「フィッシュストーリー」でアーティストデビュー。それまでも声優としてはもちろん、キャラソンなどでの歌声も注目されており、歌手としてデビューを待っているファンの方も多く、「待ってました!」という声がたくさんあがりました。

その後もコンスタントにシングルやアルバムを発売し、さらにライブにも精力的に活動。これまでに3枚のシングル、ミニアルバムを含む2枚のアルバムをリリースし、さらに、6月27日にデジタルリリースされた「ペトリコール」を皮切りに、配信シングルが3曲連続でリリースされています。
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは