『ブルーピリオド』は正解のない世界でどう戦う?執念に満ちた名言が刺さる

『ブルーピリオド』は正解のない世界でどう戦う?執念に満ちた名言が刺さる
アニメ化も控えている人気マンガ『ブルーピリオド』には様々な名言が。2回目の登場となる今回は、二次創作経験者にも刺さるであろう、あの言葉をご紹介します。
IMAGE
2020年のマンガ大賞受賞を始めとした怒涛のマンガ賞受賞&ランクインを決め、マンガ好きの間では一躍ムーブメントを巻き起こした『ブルーピリオド』

2021年に待望のアニメ化も決定した本作がここまで多くの人々に愛されているのは、なんといっても私たちの心を揺さぶる名言・金言の多さが理由の1つともなっています。

主人公・矢口矢虎がひょんなことから美術の道を歩み始め、絶対の正解がない世界で泥臭く奮闘する美術系スポコン漫画。そんな今作から、私・曽我美なつめの心に響いたこんな名言をご紹介致します。

※なお、本記事は性質上、作品の内容を含みます

アニメ『ブルーピリオド』キービジュアル 画像

(C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

アニメ『ブルーピリオド』キービジュアル

悔しさをぶつけろ!執念に満ちたセリフが刺さる

“俺の絵で全員殺す そのためならなんでもする”
(『ブルーピリオド』2巻より引用)

本作は主人公の矢虎が素人同然の状態から芸大受験を決意し、彼に纏わる芸大受験戦争の壮絶な物語を描いた作品です。

東大、京大、関関同立。並みいる受験難関校を押しのけ、日本で最も受験倍率が高い学科を擁する大学。それが東京藝術大学です。その倍率は一例によると、募集定員55名に対し応募1058名。受かる確率は約20人に1人のみという、ぞっとする数字となっています。

過酷な受験戦争を勝ち抜くため多くの人が中学や高校入学時から準備を始める中、高校2年の夏から受験対策を始めた矢虎の挑戦はあまりにも無謀と言えました。
さらに言えば主人公の矢虎は、元々成績優秀で人付き合いも良好、歳相応の悪いことも一通り経験済。
そんなふうにこれまで人生を器用に生きてきた、いわゆるインテリヤンキーな高校生です。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは