米津玄師はなぜオタクの心を刺激する?ボカロP“ハチ”時代からの謎めいた魅力

掲載/更新 0
米津玄師はなぜオタクの心を刺激する?ボカロP“ハチ”時代からの謎めいた魅力
ドラマ『リコカツ』(TBS系)の主題歌である新曲「Pale Blue」も評判の米津玄師さん。実は我々、オタク層にとってはクリエイター・ハチとしても有名。ニコニコ動画時代から知るライターが米津さんの魅力を分析します。
IMAGE
カルチャーライターの曽我美なつめと申します。
アニメやマンガを愛するガチオタクである一方で、これまで約10年ミュージシャンとしても活動し続けるかたわら、現在は音楽ライターとしても活動している私。そんな私が音楽オタク&アニメオタクの両側面からご紹介していきたいと思います!

今回は少し趣向を変えて、1つの楽曲ではなくアーティストそのものについて語りましょう。
本日取り上げるのは、今や国民的アーティストともなった米津玄師さんです。

古参にも新参にも愛される稀有な存在

多くのドラマやCM曲に抜擢され、幅広い世代に熱い支持を受ける彼。ですが元々はオタクにも馴染み深い、「ニコニコ動画」出身クリエイター・ハチとしても有名です。

そのため、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない‼︎』(日本テレビ系)内で発言された「オタクなのになんで米津玄師歌うの?」というセリフは各方面で話題となりました。
これには「いや、オタクだからこそ米津玄師歌うでしょ」というツッコミも大勢のネットユーザーから入り、一時期SNS上をザワつかせる事態となったのです。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません