『ダイの大冒険』第31話感想 鬼気迫る親子バトルが凄まじい…!「ずっと例の回」「劇場版のクオリティだろ」

掲載/更新 0
『ダイの大冒険』第31話感想 鬼気迫る親子バトルが凄まじい…!「ずっと例の回」「劇場版のクオリティだろ」
アニメ『ダイの大冒険』第31話「父と子の戦い」を振り返り! 鬼気迫るバトルやアニメオリジナル演出に驚かされた今回、ほか見どころやポイントは?
IMAGE
アニメ『ダイの大冒険』第31話「父と子の戦い」。
ポップの犠牲により記憶を取り戻し、親友をバランに侮辱された怒りで覚醒するダイは、竜の紋章を拳に移し、バランに強烈な一撃を与えます。

壮絶な戦いがくり広げられた第31話、“例の回”という言葉も続出したようです。
その見どころをSNSの感想とともにふり返ります!

名作すぎて…ずっと例の回!

ダイとバランの激しい激突。ダイが竜の騎士として、勇者として自らの意志で立ち上がり、バランと真っ向勝負する回とあって、放送前から期待の声が多かったわけですが……。
前回放送された「ポップの覚悟」も、原作からのファンにとっては待ちに待った“ダイ大屈指の名シーン”。

続く今回も……ということで、SNSには「ダイの大冒険最近ずっと『例の回』って言われてる」「ここんとこ毎回例のシーンと例の回が続いてるのにずっと期待を裏切らない出来なの本当に凄い」と、“例の回”に言及する声が多く寄せられていました。
「お前なんか父さんじゃない!」と、壮絶な怒りを込めて叫ぶダイの姿には「バランは精神に大ダメージ!」「ショックでパパ立ち直れなくなっちゃう」と、バランのショックを想像する声が並びます。
ドルオーラとドラゴニックオーラの激突シーンには「ドルオーラとドラゴニックオーラをアニメで見れる日が来るとは」「ドルオーラのために竜魔人の手のデザインが竜の顔になってるの最高」と、そのかっこよさにゾクゾクする声も。

さらに、ドルオーラの爆風からメルルをかばったクロコダインの姿に「咄嗟にメルルをかばうクロコダインの漢気がかっこよすぎて」「ダイの大冒険で一番男前」「紳士的すぎて好き」と、今週もクロコダインは大人気。ほんと、イケワニすぎます……!

ポップ役の豊永利行さんの、目の付け所がまさに“ダイ大ガチ勢”な感想も熱い!
ヒュンケル役、梶裕貴さんが「実況:クロコダイン 解説:ヒュンケル」と書かれているのもおちゃめでした(笑)。

愛あるアニメオリジナル演出に感謝!

今回、かなり目立っていたのが、原作にはないアニメオリジナルのシーンや演出。ダイとバランの戦闘中、その怒りの激しさをかなり象徴的にあらわしていた頭突きも、実はアニオリなんです。

こうした演出に原作ファンからは「アニオリのシーンがとっっっっっっても良くて」「凄いイイ味出してる」「アニオリならではの演出も光ってて、史上最大の親子喧嘩の凄まじさがよりダイナミックに」と大絶賛の声が続出。

特に、ファンの支持も厚いクロコダイン関連ではアニオリの追加がすごいことになっていました……!
ダイにドルオーラ放って笑うバランに「何がおかしい!」とキレるクロコダイン、「俺とて獣王と呼ばれた男! 何もせず座するつもりなどない!」と叫んでバランに食い下がるクロコダイン、「俺の腕を切りたくばギガブレイクでも使うことだ」と啖呵を切るクロコダイン……全部、アニオリ!

「アニオリで追加台詞!!!」「クロコダインに見せ場が追加されてて激熱」「おっさんの良さが際立ってて見事なアニオリ」「こんなにいいアニオリがあるのか」と、原作ファン、獣王ファンの感極まる声が。

もちろん、「スタッフの中にクロコダイン推し絶対いるだろ。ありがとう」「令和ダイ大ありがとう」と、ファンの心情をくすぐるアニオリに、感謝の声も寄せられていました。

劇場版並みの戦闘シーンが凄まじい

17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません