『ひぐらし卒』第12話、羽入復活がアツい!エウアとの関係は…。世界線も分岐している?

掲載/更新 0
『ひぐらし卒』第12話、羽入復活がアツい!エウアとの関係は…。世界線も分岐している?
9月9日(木)、前作『業』の解答編『ひぐらしのなく頃に卒』第12話「神楽し編 其の壱」が放送。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。

9月9日(木)に放送された第12話新章「神楽し編 其の壱」では、ラストの羽入がアツいと話題に。SNSなどで特に注目されたポイントは?

「業」「卒」の世界線は旧作「祭囃し編」と別?

梨花が生まれてから旧作「祭囃し編」での戦いまでを思い返す羽入。
「祭囃し編」では黒幕の鷹野が羽入に銃を向けるも仕留めそこないましたが、今回は銃声で暗転し羽入がどうなったかは不明が、圭一たちとお別れし欠片の世界に戻ったようです。

気になるのはそのあと。
羽入が眠る梨花を見守るシーンがOVA「賽殺し編」と似ていたのもあり、「今作は祭囃し編の世界線じゃなかったの?」「羽入が鷹野に撃たれて死んだ世界?」「もう分岐してる?」と視聴者はざわざわ。

また、鷹野が発砲しようとするシーンでレナ・梨花と沙都子の立ち位置が‟反転”していると指摘した人もおり、「やっぱり『ひぐらし』は難しい!」「まだ何か暗示が隠されてるの?」とまだまだ謎は多そうです。
羽入は‟欠片の世界”の欠片を利用することで、破損していた自身のツノを修復。
猫騙し編で梨花に「犯人を記憶できるアップデート」ができたのはそのおかげだったようですが、会話を沙都子とエウアに聞かれてしまっていました。

それでも余裕そうな沙都子に、「梨花ちゃんのアップデート知ってたなら、自分が黒幕ってバレるかも?ってもっと慌ててもよさそうなのに」と驚くと同時に、「調子にのってミスしそう」という意見も出ていたようです。

沙都子に先手を取られ続ける梨花。救いである鬼狩柳桜も…

さらに、羽入が梨花に教えた‟繰り返す者を滅する剣”鬼狩柳桜の話も沙都子は聞いており、猫騙し編で梨花や圭一たちとかくれんぼをした時、沙都子は祭具殿に入る梨花の行動をマークしていたのです。

そこで、昔オヤシロ様を壊して、梨花が代わりに疑われ怒られたことを思い出す沙都子。
あれはもう何百年前のことだったのか。
考えこむ沙都子の顔は、赤い目の時の‟悪役モード”と違い「本来の沙都子に戻ってる」、「沙都子はずっとそれで自分に罰が下ると思ってたくらいだし、今でも胸は傷むのかな……」と意外に感じた人も見られました。
オヤシロ様像の中に入っている鬼狩柳桜を取りだす際、床に落としてしまう沙都子。
そこで落ちた欠片こそが猫騙し編で梨花が拾った欠片だったのです。

死ぬ直前の犯人を記憶できるようになったことも、鬼狩柳桜の場所も、沙都子に知られていた梨花。
梨花にとってかなり優位だと希望を持っていた人たちは、もう梨花に勝ち目はないのでは……と絶望も感じたようです。

また、綿騙し編で詩音がオヤシロ様にぶつかった際は、オヤシロ様の中が空っぽだったのも気になるところ。
『業』はこちらが思っている時系列とは違うように進んでいた、ということなのかもしれません。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません