がむしゃらに生きて。『ひぐらし』古手梨花の‟胸を熱くする”名言といえば?

がむしゃらに生きて。『ひぐらし』古手梨花の‟胸を熱くする”名言といえば?
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖の側面が多く語れる本作ですが、実は感動する場面や名セリフも。今回は皆が胸を打たれた古手梨花の【名言】をピックアップ。
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写​で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

一方で実は感動的なシーンも多い本作。
そこで今回は“トラウマ台詞”に続き、古手神社の巫女・古手梨花に皆が胸を打たれた名言&名シーンをご紹介。
梨花といえば、普段は「にぱー☆」「~なのですよ」が口ぐせの可愛い少女でありながら、実は雛見沢を100年もループしていた『ひぐらし』の‟裏の主人公”ですが……?

「あなたとともに戦おう。その先の未来にたどり着くまで」

レナは家庭の問題から犯した罪に、圭一は過去の罪に向き合う旧作『罪滅ぼし編』
ある日、圭一にループ前の世界の記憶がフラッシュバックし、圭一は仲間に泣いて謝ります。
それは『鬼隠し編』で仲間に対して疑心暗鬼になり、レナと魅音を手にかけてしまった時のことでした。

「俺はあきらめない。惨劇は回避できるんだ」

運命に抗ってレナを救うと決意した圭一に、神々しさすら感じる梨花。
「私はあなたとともに戦おう。その先の未来にたどり着くまで」と、いつもの‟梨花ちゃん”の喋り方をやめ、本当の古手梨花として手を差し伸べたのです。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは