夏に行きたいアニメの聖地巡礼4選。『千と千尋の神隠し』は台湾・九份じゃなかった…!?

掲載/更新 0
夏に行きたいアニメの聖地巡礼4選。『千と千尋の神隠し』は台湾・九份じゃなかった…!?
全国各地にはアニメの舞台となった場所、いわゆる聖地が存在しています。そこで『ゴールデンカムイ』『千と千尋の神隠し』など、夏休みに行きたいアニメの聖地をご紹介します。
IMAGE
アニメ作品のなかには、現実とは完全に乖離したファンタジックな世界観のものもあれば、現実とリンクした舞台の作品もあります。そして、現実の土地が舞台だったりモデルになっていたりすると、「聖地巡り」もファンの楽しみになってきますよね。

今回は、まったく同じ世界には行けないけどその片鱗を感じることができる、夏にぴったりなちょっと「クセ強めな聖地巡り」を楽しめるアニメを紹介します。

『千と千尋の神隠し』東京、愛媛など

国民的大ヒットアニメ映画で「聖地巡り」というと、飛騨高山への聖地巡礼ブームを作り出した『君の名は。』が浮かびますが、それを上回る大ヒットを記録したスタジオジブリのファンタジー作品『千と千尋の神隠し』も、いろんな場所で聖地巡りに近い体験ができます。

『千と千尋の神隠し』

© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

『千と千尋の神隠し』

まず、怪しげで雑多でちょっと湿った雰囲気のレトロな夜の歓楽街として、『千と千尋』の「湯屋」に似ていると話題になったのが、台湾北部の山あいにある新北市にある街・九份(きゅうふん)です。中国風の建築と日本占領時代の和の雰囲気がマッチし、山あいゆえに雨が降ると霧も立ち込め、いかにも幻想的な空気感になります。
筆者も台湾旅行で訪れましたが、ちょうど雨が降った夜の九份は、暗がりも多く、階段を上ってわき道にそれたらそのまま異世界に迷い込んでしまいそうな「ちょっと怖い美しさ」がありました。

『千と千尋の神隠し』場面写真より

© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

『千と千尋の神隠し』場面写真より

しかし、実は宮崎駿監督は台湾記者からのインタビューで「九份は『千と千尋』のモデルではない」と答えていたようです。そのインタビューで、宮崎監督は「松山の『道後温泉本館』と『江戸東京たてもの園』にある『子宝湯』を参考にした」と回答。

道後温泉の木造3層の温泉宿や、東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」は確かに「油屋」にそっくりです。国内でより身近に行きたくなるモデルもありました。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません