緒方恵美が語る『エヴァ』のアフレコ裏話。“火傷事件”は都市伝説じゃなかった!?

掲載/更新 0
緒方恵美が語る『エヴァ』のアフレコ裏話。“火傷事件”は都市伝説じゃなかった!?
国立新美術館で「庵野秀明展」が開催されるなど、いまだ熱が冷めない『エヴァンゲリオン』シリーズ。テレビ朝日の公式YouTubeチャンネルでは碇シンジ役の緒方恵美さんが『エヴァ』の裏話を語り、ネット上で大きな話題になりました。
IMAGE
10月1日より国立新美術館で開催中の「庵野秀明展」。11月19日からは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が一部の劇場で期間限定上映されるなど、いまだに『エヴァンゲリオン』の熱は冷めません。

さらにテレビ朝日の公式YouTubeでは、碇シンジ役の緒方恵美さんが裏話を語り……?

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』劇場用ポスター

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』劇場用ポスター

オーディションのきっかけは『セーラームーン』

たとえば今でこそ『エヴァ』は緒方さんの代表作ですが、じつは当初彼女の事務所は同作のオーディションを断っていたそうです。

ではそこからどのようにしてシンジ役に行き着いたのかというと、きっかけは『美少女戦士セーラームーン』(テレビ朝日系)の番組旅行だったのだそう。
当時緒方さん演じるセーラーウラヌスの変身シーンの演出を庵野秀明監督が担当しており、旅行の際に監督から緒方さんへ「オーディションを受けてほしい」と直々にオファーが。

その一件があったおかげで緒方さんは2次オーディションから参加することになり、晴れてシンジ役に抜擢されたといいます。

役に入りすぎて…喉が焼けた!?

また『エヴァ』のアフレコ現場では、緒方さんの喉が焼ける珍事件が発生したことも。

シンジとシンクロするエヴァンゲリオンが胸を焼かれるシーンにて、「肺の中まで全部沸騰してると思ってやってくれ」とオーダーを貰ったという緒方さん。ところがあまりにも役に入りすぎたため、喉が“火事の現場で熱い空気を吸った時”と同じ状態に。
これにはネット上も「火傷事件って都市伝説じゃなかったの!?」「シンジ君とのシンクロ率高すぎる」と驚きの声が上がっていました。
本編同様、制作の裏側にも様々なドラマがあるようですね。
13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません